ゆずあん日記

3姉弟の育児日記です。次女はダンディーウォーカー症候群と難治性てんかん。大変な毎日だけれど、小さな幸せを見つけながら、笑顔で過ごしていけたらと思っています。

秋のイベント

 週末更新と言いながら、ここのところちょっとバタバタとしており、久々の更新のような気が…。にもかかわらず、たくさんの方が覗きに来てくださっているようで、ありがとうございます

 仲良くさせてもらっているママさん達のブログは、しっかり読み逃げしていますが、この週末は少しゆっくりできそうなので、またじっくりお邪魔させてくださいね。

 書きたいことはいろいろあるんだけれど、今日は最近の我が家の出来事を書きたいと思います。 みなさんがお世辞で書いてくださってるコメントを真に受けて(笑)写真めっちゃ多めですが…。

 まずは、先々週、ゆっさんとあんさんの保育園で運動会がありました。載せられる写真があまりないんだけれど…。

 うんどうかい

 あんさんは、一番小さな乳児さんクラスなので、出番は親子競技のみ。それぞれが好きな遊びを楽しんでいるところに、お家の方が来て、一緒にふれあい遊びを楽しむという内容でした。

 あんさんも無理なく参加できるようにと、先生方がいろいろ配慮してくださって、遊びを楽しむところでは、あんさん一人で優雅にボールプールに入っていました~あんさん、眠くなっていて、時折白目になりながらも(笑)ぐずることなく、無事に親子競技終了。終わった後に、目をぱっちり覚ましていたんですけどね

 運動会にて

 そのかわいい顔を、親子競技中に披露してほしかったわ~。

 そういえば、昨年のゆっさんの運動会では、あんさんまだまだ発作も多く、元気な子どもたちが、体をのびのび動かしながら、運動会を楽しむ様子を、辛い気持ちで見てたなー。こんなに元気な子どもたちばかりなのに、どうしてあんさんだけって…。
 
 今年は穏やかな気持ちで、あんさんを見ることができていました。明らかに、同じクラスの子どもたちと様子が違うあんさんだし、今後のことを考えると、切ない気持ちも出てくるんだけれど。それでも、クラスの先生方はもちろん、たくさんの先生方があんさんに声をかけてくれて、先生方だけでなく、1歳のクラスのお友達までも、「あんちゃーん」と呼んでくれて。

 あんさん、みんなにかわいがってもらっているんだなーって、それが私の気持ちを強くしてくれているんだと思います。

 ゆっさんも頑張っていました。「1番になりたい~」という気持ちはあまりなく、マイペースに楽しんでいたゆっさんですが、それでもゆっさんなりに頑張っている姿に、感動しちゃいました。成長したなーって

 義両親も応援に来てくれていて。自分たちは、あんさんのこと、随分と前向きに見ることができているんだけれど、義両親は、あんさんと同じクラスの子どもたちが、元気に歩いたり、パパやママに抱っこしてもらって、嬉しそうににこにこ笑っている様子を見るのが辛いんじゃないかと、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

 実の両親が来ていたとしても、同じ気持ちになるんだろうけれど。

 そういうことを考えていたら、「やっぱり、元気に産んであげられてたらって思うよね。」と、隣にいる夫にぼそっと言ってしまって。

 すると、「僕はそんなふうにあまり思わないけど。あんさんはあんさんだし、かわいいからいいんだよ。」という返事が。普段は私のほうが、断然ポジティブ人間なのですが、あんさんに限っては、夫のほうが前向きです。母親と父親の違いもあるんかなー。

 いろんなことを感じた1日でしたが、それでもこうして愛する娘たちが、元気に運動会に参加できたことを、嬉しくありがたく思ったことでした

 何だかちょっと真面目な内容になってしまったので、次はお出かけ日記

 先週末、ゆっさんのお誕生日イベントとして、お隣の県にぶどう狩りに行ってきました。とにかくぶどうがおいしくて、自然がいっぱいで、お気に入りの場所です。独身時代はちょこちょこ行ってたなー。

 ゆっさん、ぶどうが大好きだし、みんなでおでかけだし(義両親も一緒に行きました)、楽しみで仕方なかった様子。

 「ぶどうがんがり、いつ行くのー?」

 と毎日のように聞いていました。なぜか、ぶどう狩りを「ぶどうがんがり」と言い続けていた

 そこはバーベキューもできて、夫が焼く係。私はもちろん食べる係。

 焼く係

 あんさんも、匂いにつられたのか、口をパクパクさせていました。あんさん、さすがにバーベキューは無理だから、持参の寒天でがまんしてね。

ちょーだい

 バーベキューの後は、ぶどうがんがり(笑)あんさんにも、おいしいぶどうを味見させたくて、こし器とかマッシャーを持参していたのに、温かいぶどうハウスが気持ちよかったのか、爆睡

 ぶどう畑で

 ゆっさんは、予想通り大喜びでしたー。あいかわらず、ぶどうがおいしかった。バーベキューをたらふく食べたあとなのに、文字通り別腹で、ぶどうを堪能しました。ゆっさんもたくさん食べてたなー

 パパとぶどう狩り
 ぶどう満喫

 このあとはお芋ほりも体験。おじいちゃんと一緒に。

 おじいちゃんとお芋掘り
 収穫

 この嬉しそうな顔が見たかった

 帰りの車では、疲れて寝るかと思ったのですが、テンションが下がることなく、家に着くまで、延々と歌や手遊びにつき合わされ、げんなりした母でした

 せっかくの行楽シーズンですもんね。寒くなる前に、いろんなところにお出かけしたいと思います。ただ、あんさんの体調次第というところは大きいんだけど。 

 気温差のせいか、乾燥が激しくなったせいか、あんさん不調気味。どうか一時的なものでありますように
 
 毎度のことながら、長くなってしまいましたが、読んでくださってありがとうございました


 みなさん、いつも温かい応援やコメントありがとうございます。ぽちっと押していただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
[ 2014/10/28 00:21 ] おでかけのこと | TB(0) | CM(12)

あんさんとの会話

 朝晩、冷え込むようになってきましたね。けれど、昼間はまだまだ汗ばむ陽気で、この気温差に用心しなきゃと思うこの頃です。
 
 さて、タイトルのことなんですが…。先日のリハビリでのことなんです。

 療育のPTが入っていたその日の朝、担当のN先生からお電話がありました。ご家庭の事情で、今日はお休みされること、けれどあんさんの予約の時間に、チーフがちょうどあいていたので、代わりに担当してくれることになったという連絡でした。

 このチーフは、以前ブログに一度登場したことがあります。あんさんを直接見てもらったことは、そんなに多くないのですが、私が信頼をよせるN先生が信頼しているチーフなので、急な担当変更にも、何の不安もなく、むしろ楽しみに出かけました

 「あんさん、大きくなったねー。」と声をかけてもらったあんさんですが、車で気持ちよく眠っていたところを起こされてしまったため、機嫌はすこぶる悪く、チーフに、「うー」と唸りながら、返事をしておりました

 いざリハが始まると、やっぱりグズグズと泣いていたあんさん。そんなあんさんに、チーフはずっと話しかけていました。あんさんの泣き声をまねしてみたり、今日の天気とか何気ないことだったり。

 そのうち、たくさんのボタンがあって、そのボタンを押すと、いろいろな音楽が流れる、アンパンマンのおもちゃを持ってきました。あんさん、そういった類のおもちゃに、これまでそんなに興味を持ったことがなかったんですよね

 案の定、しばらくはぐずっていたんです。最初は、チーフがボタンを押していたのですが、そのうちあんさんに押させ始めました。そのときに、あんさんの指を触り、何度も「ここで押すよー。どんな曲やろうねぇ?」と声をかける。

 曲が始まると、その曲のタイトルをあんさんに伝え、「あんさん、この歌聞いたことある?」「あっという間に終わったね。短かったね。」とひたすら話しかけながら、曲の間は体をほぐし、曲が終わったら、またあんさんの指を触って、ボタンを押させる。

 ただ指で押させるだけでなく、ボタンの少し上からあんさんの手を離し、その勢いを使ってボタンを押すようにしてみたり。そのときも、「あんさん、今からこうやって手を落とすよー。」と何度も何度も伝える。

 泣いていたあんさんが、そのうち泣き止み、じっと静かになりました。寝ているようにも見えるんだけど、何だかチーフの言っていることを聞いているようにも見えなくない。

 一通りのリハビリが終わった後、チーフが言いました。

 「この子は、よく話を聞いてるねー。」

 って。

 同じようなことを、よくN先生からも言われていたんです。でも私はいまいち実感がなくて。私の話を何となく聞いているように思うときもあるんだけれど、そう思いたい自分もいるし、やっぱり声は届いていないんだろうなーと思う場面のほうが、圧倒的に多い。

 それに、N先生は、あんさんが2か月の頃からのお付き合いなので、あんさんが話を聞いているというより、N先生があんさんの気持ちに寄り添ってくれているんだろうなって思うところもあったりして。

 でもね、普段あまりかかわりのない先生に、こうも確信を持って言ってもらうと、母もちょっと思ってしまう。

 「あんさん、話を聞いているのかな?」

 って。

 音は聞こえているんだと思うんです。聴力検査では微妙なところなんだけれど、音のするほうを向くので。でも今回チーフが言ってくれていたのは、その聞くじゃない。聞こえてきた音を聞くんじゃなくて、あんさんが自分の意志で聞いているということ。

 それに、もう一つびっくりしたことが。リハの最中、「今からこの指で、ボタンを押すよー。」としつこいくらいに話しかけていたチーフ。そうやって何度も予告したあとに、あんさんの指をボタンに持っていくと、あんさんがその指にちゃんと集中していることがわかるそうです

 びっくりして思わず母、「本当に?」とため口。しかも疑い口調(笑)

 N先生が言ってくれていたことも、こういったことだったのかな。専門の方が見ると、あんさんはちゃんと、反応できているということかな。

 家では、この前は何となく反応していたような気がしていた音やおもちゃも、次にやってみると無反応だったり、「あんさーん」と家族が呼びかけても、反応がなかったり。

 「話を聞いているのかも。」「反応しているのかも。」と思っても、それが気のせいだろうなぁと思わざる得ない姿のほうが、多かったんですよね。

 でも、音が何となくでも聞こえているだけでも、ありがたいなぁと思っていたので、(生まれたときには、視力だけでなく聴力も厳しいと言われていた)、反応がないことには、寂しいとは思いながらも、仕方がないという思いの方が大きかったんだけど。

 あんさん、実は聞いていたりするの?←やっぱり疑っている(笑)

 母としては、嬉しい反面、素直に信じられないところもあるんだけれど、「もしかして、聞いてくれているのかも。」と思いながら、これまで以上に、あんさんにたくさん話しかけたいと思います今でさえ、うんざりされているような気もするけれど

 そうえいば、チーフに、あんさんが夜寝ないことを話すと、「あんさんみたいに、見ることが難しい子は、気配を感じる力に、ものすごく優れているんだよ。だから、にぎやかだった気配が、夜になって途端に静かになることに、不安を感じているのはあると思う。」って。

 眠れない理由を、脳波のせいかも、発作もどきが出てくるせいかもとしか考えていなかった母には、またまた、目からうろこ。そんなこともあるのかー

 「あんさんは、音が聞こえている方が安心するんじゃない?だから、音がたくさん聞こえる昼間のほうが、安心して寝られるのかも。」ともおっしゃっていました。

 あんさん、光に反応することはあるのですが、目は見えていないと言われています。確かに追視もしないし、何より脳の状態を考えると、当たり前のことなんだけれど。

 けれど、気配はちゃんと感じているんじゃないかと思うことは、確かによくあるんです。

 たとえば、

 メリーを見つめるあんさん

 これは、お気に入りのメリーを見つめるあんさん。音のするほうに向くことはできているので、最初は音がするから、向いているんだろうなぁと思っていたんですよね。でも、消音に近い状態にしても、メリーが回っている方向に、顔を向けることが多い。

 これは、メリーが回っている気配を感じているのかも…と思うことがあったんです。

 現に、メリーをじっと見ているあんさんに、私がそーっと近づくと、

 ちらり

 こうやって、こっちを見ることがあるんですよね。

 これはチーフの言うとおり、気配を感じ取る力に優れていると言ってもいいのかも←家でも確信が持てることがあるだけに、嬉しくてたまらない

 まるで忍者のように、鋭く気配を察することができるのかも…とおバカな妄想をしていた母でした。本人は忍者というより、動きがゆっくりな小動物という感じですが(笑)

 いかん、運動会のこととか、訪問リハのこととか、書きたいことがまだあったのに、何だかぐだぐだと長くなってしまいました

 とりあえず、訪問リハであんさんの格好が面白かったので、つい撮ってしまった1枚を載せて、今日は終わりにしたいと思います。今回書けなかったことは、また近いうちに

 もんちっち?

 やっぱり、小動物(笑)
  

 みなさん、いつも温かい応援やコメントありがとうございます。ぽちっと押していただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
[ 2014/10/20 23:47 ] リハビリのこと | TB(0) | CM(16)

がっかりのあとの嬉しい贈り物

 台風が過ぎ去り、今日はいいお天気ですみなさんのお住まいのところでは、大きな被害などありませんでしたか?

 台風で心配していたのはあんさんの体調。それまでゴロゴロがひどかったこともあって、特に悪くなったという印象はなかったのですが、今朝になってなんだかゴロゴロが減ったような…。やっぱり、台風のせいもあったんだろうな。

 明け方になり、急に食欲も復活したのか、お腹すいたと大泣き。AM4時ごろという時間帯に牛乳寒天やヨーグルトを平らげ、父と母をぐったりさせていたあんさんです。本人は、満足して爆睡みたいな…

 さて、前回は吸引器のこと、アドバイスを頂きありがとうございました。とても参考になりました。

 でも、吸入器の補助の件、白紙になっちゃったんですよね。最初は、吸入器の購入も薬の処方もOKと言われていたのに、いざ手続きをしようとなると、やっぱりだめだと…前にもこんなことがあったような気がする。

 思い出した、療育手帳のことだ。お医者さんに意見書も書いてもらって、申請が通ると言われて、手続きをしにいって、最終段階で、やっぱり特例は認められないって。(私の住んでいる地域では3歳からという暗黙のルールがある)

 最初からダメだと言われる分には仕方ないなーと思うんですよね。例えば吸入器では、呼吸障害の認定がないと無理だとか、療育手帳はどんなに重度でも3歳からだと決まっているとか。けれど、大丈夫と言われて、問い合わせたり、書類をもらってきたりの手続きをしたあとで、やっぱりだめというのは、思いのほかがっかりしてしまいます

 今後は最初にもっと強く確認しておこう。

 いつかは、吸入器も購入したいと思っているので、そのときにはみなさんのアドバイスを参考にして、決めようと思います

 そして、そんな私のダークな気持ちを吹き飛ばしてくれた、嬉しい嬉しい贈り物が届いたんです

 これ!

 パルスオキシメーター

 パルスオキシメーターです。

 前からほしいと思っていたんですよね。でも、あんさんはまだまだ指が小さくて、比較的安価な値段で購入できる(それでも高いけれど)指をはさんで測定するタイプのものが使えず、でも小児用のプローブつきのものはすごく高いし…。

 どうしようかなぁ…と悩んでいたところに、あるママさんが、「うちに使ってないのあるよー。」と声をかけてくださいました。

 そのママさんも、お友達から譲り受けたものだそうで、「使わなくなったら、誰か次のお友達に渡すことができれば。」と思っていてくださったとのこと。

 荷物が到着して、箱を開けると、旦那さまが丁寧に書いてくださった設定の仕方のポイントや、そのママさんの手紙、手作りのグッズ、そして使っていない新品のセンサーまで。

 ママさんの優しさがいっぱい詰まった荷物に、嬉しくて嬉しくて涙が出ました

 これで、あんさんが夜中にしんどい思いをしていたら、アラームつきなので、すぐに気がついてあげられる。泣いていても、本当に体がしんどくて泣いているのか、抱っこしてほしい、オムツが気持ち悪いなどの、ちょっとした不快感で泣いているのかの大きなめやすになる。

 もう、ありがたすぎます 大事に大事に使わせて頂きます。

 タイガーマスクさん、本当にありがとうブログで紹介したいと伝えると、この名前でということでした(笑)

 当の本人は、横で大騒ぎしている母に、ちょっと迷惑そう。

 新しいパートナーと

 あんさん、強力な助っ人が来てくれたから、あんさんのケア、もっと頑張れそうだよ

 グッズを紹介したついでに、あんさんの冬支度にこんなものを買いました。レンジ用の湯たんぽに、繰り返し使えるカイロ、小さな湯たんぽです。レンジ用の湯たんぽ以外は、百均で購入。なかなか使えそうだったので、同じものを保育園用にも購入しました。

 冬支度

 前年の冬は、3月ぐらいに入って、もう冬が終わるという頃になって、低体温になることが多かったんです。あんさんなりに体温調節を頑張っていたんだろうけれど、限界になっちゃったのかな。

 今年はいろんなグッズを駆使して、できる限り低体温を防ぎたい。あんさん、こもり熱と違って、体温が低くなっても、顔色も悪くならないし、しんどそうにもしないんだけれど、ずっと寝てしまうんですよね。まさしく冬眠…。それは困る。ほかにいいグッズがないか、みなさんのブログでも勉強させてもらいます。

 そうそう、最近のゴロゴロの多さで、結局あんさんのボトックス、延期になっちゃたんですよね。今日がそのボトックスの日だったんだけど、朝起きたら、ほとんどゴロゴロ言ってないし…。最近、体調が悪かったからか、さらに体がカチコチになっていて…。キャンセルするんじゃなかったー(涙)

 ちょうど今日、療育センターでPTがあって、療育の整形の受付に、次のボトックスの予約をしにいきました。S先生もいらっしゃったので、「今日になって、調子いいんですよー。キャンセルするんじゃなかった。」と話すと、「あんさん、今からしようかー?」と声をかけた途端、寝ていたあんさんが急に泣き出しました

 看護師さんが笑いながら、「あんさん、今日はしないよー。」と声をかけると、またタイミングよく泣き止んで、そのうえ「あー。」とお返事。先生と看護師さん大笑い。母は苦笑いみたいな…。

 あんさん、本当にわかっているんじゃ…

 今日のリハビリのことなど、書きたいことはいろいろあるのですが、長くなったのでまた次回に。
 
 最後に、お休みの日に、ちょっとおしゃれしてみたあんさん。

 おしゃれしてみた

 これね、ゆっさんのおさがりなんです。オキシメーターと一緒に写っている写真も、ゆっさんのおさがり。体が固いから、前開きの服じゃないとなー、伸び縮みする素材じゃないとなーなんて思っていたのですが、大量にあるゆっさんのおさがりを着せられないのは、どうも切ない。

 なので、ちょっと頑張ってあんさんにも着てもらうことにしました。保育園がお休みの日限定で。着る前に、リハのN先生直伝の、腕のマッサージをしたら、こういった服も案外着せられる。

 でも、このあんさんの格好を見ると、みんなぷっと吹き出した後に、「あんさん、かわいー!」って言います。母も着替えしたあと笑っちゃったもんな。あんさん、微妙な感じも、またかわいいよ
 
 台風も過ぎ去ったことだし、お友達みんなが穏やかに過ごせますように

 みなさん、いつも温かい応援やコメントありがとうございます。ぽちっと押していただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
[ 2014/10/14 15:24 ] ケアグッズのこと | TB(0) | CM(10)

あんさん退院しました

 みなさん、前回はあんさんや私への、温かいコメント本当にありがとうございましたとても嬉しく、心強く思いました。お返事が遅くなってすみません

 あんさん、おかげさまで昨日退院できました。

 まだまだゴロゴロは多く、吸引・吸引の日々は続くと思いますが、お家で過ごせることにホッとしています。入院は嫌だけれど、お家で過ごせることのありがたみを実感するなぁ。

 今回の、入院になってしまったほどの分泌物の多さの原因は、結局はっきりしないままです。けれど、血液検査やレントゲンでも異常がなかったことから、エクセグランの増量に、季節の変わり目や台風接近、風邪のひき始めなどが、重なってしまったんじゃないかと、勝手に思っています。

 検査でも異常がなかったことから、痰などの症状を緩和させる薬を、内服で処方されていましたが、それ以外の治療は栄養の点滴と吸入のみ。これだったら2、3日で帰ってこられるんじゃないかと思っていましたが、1週間近くの入院になってしまったのは、注入がなかなか再開できなかったことにありました。

 入院当初はゴロゴロがひどかったことから、何もしていなくても酸素濃度は90台前半だったのですが、注入するとひどい嘔気に、逆流してきたラコールやら分泌物でうがい状態、そして酸素濃度は80台を切ることも

 確かにこのときは、体調が悪かったことから、いつもよりもしんどさはあったと思うのですが、あんさん、普段も注入すると、嘔気にうがい状態は毎回のようにありました。でもまさか、こんなに酸素濃度が下がっていたなんて。しんどかっただろうな

 主治医のM先生も、「これはやっぱり逆流してるよね。」と、イケメン先生と一緒に対策を練ってくれました。ラコールにとろみをつけることもしてみたんですが、逆流しない程度の適度なとろみは、時間がたつとシリンジの抵抗が強くなるし、マーゲンチューブの詰まりも気になる…。あんさん5Frを使っているから、なおさら詰まりそうで怖いんですよね。

 名前は忘れたのですが、先にチューブでその半固形剤を注入しておいて、あとから通常通りラコールを注入し、胃の中で半固形化にするというものもあるそうなんです。なかなかの値段がしたから、ちょっとお試しとかできるといいんだけど…。

 入院していたかかりつけの病院の、小児外科の先生は、研修のため長期不在だし、セカンドオピニオンは延期になっちゃったしで、すぐに胃ろうの道が開けるわけでもないので、あんさんにとって、いい方法を考えてきたいと思います。

 今はとりあえず、これまで1回にラコール80mlだったのを、60mlに減らして、さらに注入速度をゆっくりにして、様子を見ることになりました。

 そうそう、今回の入院で、あんさん自宅でも吸入を開始することになりました。吸入器は身障手帳か小児慢性の補助で購入することができそうなのですが、機種が多くてどれがいいのか…。お勧めのものなどありましたら、教えてくださいね

 何とかゴロゴロが落ち着いてほしいと願っているのに、また台風が来ていますよねあんさんを担当してくれた看護師さんのなかに、私がとくに信頼しているベテランの看護師さんがいらっしゃるのですが、「この子たちは、天気に関しては、誰よりも正確だもんねー。」とおっしゃっていました…。それを聞くとますます台風が嫌な感じ…。大きな被害も、もちろんあんさんにとっても何事もなく、通り過ぎてくれますように

 季節の変わり目に、度重なる台風接近。体調管理が難しいはずですよね。体調を崩しているお友達が、早く元気になりますようにあんさんも、吸引・排痰頑張ろう。

 しばらくは、経口も控えめにしないと。入院中はストップされていたので、あんさんが寝ている間に、ご飯を食べようとすると、何やら視線が…。食べ辛いんですけど…

 じーっっ

 そういえば、入院中はゆっさんも頑張ってくれました。寂しそうにはしていたのですが、私が病院に泊まることも理解していて、嫌がることはなかったな。ゆっさん、えらかったね

 日曜日は保育園がお休みで、旦那さんも仕事だったので、ゆっさんは義実家にお願いすることに。朝、預けに行く途中、ゆっさんに、「あんさんに、何か伝えたいことある?」と聞くと、手紙風に話し始めました。

「 あんちゃん、針をチクチクチックン、頑張っているね。  ←たぶん点滴のこと
 おねえちゃんは、いつもあんちゃんを見張っているよ。 ←見守っているといいたい
 あんちゃんが、かわいくてかわいくてたまりません。
 1番好きなのは指です。  ←指…
 帰ってきたら、おかえりのちゅーをいっぱいしてあげるから、楽しみに待っていてね。  ←これは伝えなかった  」

 そんなねえねの愛が伝わったのか?、ちょっとずつ元気になっています。腕につけてある風船で作られたお花は、保育園の先生が退院祝いに作ってくれましたわざわざゆっさんの分までも。

 今日久々に保育園に行ったら、先生方はもちろん、お友達も喜んでくれたな。あんさん、嬉しいね

 復活


 あんさん、今回のことも、あんさんがもっと元気に穏やかに過ごせるようになる、大事な糧にしていこうね。あんさんが元気になるように携わってくれた、たくさんの方に感謝みなさん、本当にありがとうございました。


 みなさん、いつも温かい応援やコメントありがとうございます。ぽちっと押していただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
[ 2014/10/09 02:06 ] 病院のこと | TB(0) | CM(19)

あんさん再び入院

 台風が近づいていますね。みなさん、体調を崩していませんか?

 そういうあんさん、タイトル通り水曜日から入院中です

 と言っても、前回のように深刻なものではありません。

 季節の変わり目からか、ゴロゴロが増えているなぁと思っていたのですが、火曜日の夜から急にゴロゴロが増え、それとともに、注入時のうがい状態がひどくなり、吸引回数がすごいことになっていました

 そこで水曜日に診察して、酸素濃度が少し低かったことと、分泌物があまりにも多かったこと、何より前回重症化してしまったことを踏まえて、念のため入院となりました。

 一応、急性気管支炎という診断名はついているものの、レントゲンも、血液検査も異常なし。CRPさえ、正常値。

 それなのに、この大量の分泌物っていったいどこから来ているのでしょう…

 先週から増やした、エクセグランの副作用と母は思っていたのですが、主治医のM先生曰く、それにしては症状が急すぎると。なので、原因ははっきりしないままです。

 水、木とゴロゴロの不快感などで、しんどそうに眠り続けていたあんさんですが、金曜日ごろからはしっかりと目を覚まし、まだ経口をストップされているのにもかかわらず、お腹がすいたと口を動かし、食べられないと分かると、ずっと怒り続けていました。母グッタリみたいな…。

 ただ、注入時のうがい状態や嘔気がひどくて。看護師さんも、これで本当に逆流してないの?とびっくりされていました。まだ、家にパルスオキシメーターを購入していないのですが、注入中は酸素濃度が、80代前半になっていてそりゃあんさんしんどいよね。やはり、パルスオキシメーター買わないとなぁ。

 主治医のM先生が、とろみのついた栄養剤を調べてみるとおっしゃってくれていました。この入院で、さらに胃ろうへの思いが強まったような気がします。あんさんは、やはり胃ろうが適用されてもいいんじゃないかと思う。

 入院で、セカンドオピニオン、延期になっちゃったんですけどね

 とりあえずは、この注入問題がもう少し落ち着いたら、退院できそうかなという感じです。

 あんさんが元気になったら、また詳しく報告させてくださいね。とりあえず、あんさんはぼちぼち元気です

 すやすやと眠っていたり、

 すやすや

 気管支炎という診断名がついているのにもかかわらず、リハビリ目的でベッドの上で座位をとられ、不機嫌になったり…。

 あんさん不満

 あんさん、早くお家に帰ろうね。ゆっさんも、ものすごく待っているよ

 そうそう、今回の担当医は、主治医のM先生がいらっしゃらないときに、入院したこともあって、W先生という若い男性の先生。ちらっとお見かけしたことはあったんですよね。

 仕事を終えた私が病室につくと(診察は旦那さんが行ってくれていた)、その日担当してくれたお馴染みの看護師さんが、「あんさんの今回の担当医、W先生なんだー」、と何だかウキウキ声。

 ?と思ったのですが、病室に来てくださって納得。かなりのイケメン先生でびっくりしましたきりっとした表情なのに、あんさんを目の前にすると、とても優しい笑顔で、おだやかな話し方。(こりゃ、看護師さんウキウキするわ。)と納得したことでした。

 イケメンさんを目の前にするとどうも落ち着かず…。いつものM先生が来てくれると、ほっとしていた私です(えらい失礼なこと言ってる気がする…)

 今日は、夜から旦那さんが交代してくれたので、お家でゆっさんとゆっくりできます。あんさん、体力を補給して、また明日行くからね

 落ち着いたら、みなさんのところにもお邪魔します。どうか、みなさんも体調にお気をつけくださいね


みなさん、いつも温かい応援やコメントありがとうございます。ぽちっと押していただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
[ 2014/10/04 21:30 ] 病院のこと | TB(0) | CM(25)