ゆずあん日記

3姉弟の育児日記です。次女はダンディーウォーカー症候群と難治性てんかん。大変な毎日だけれど、小さな幸せを見つけながら、笑顔で過ごしていけたらと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あんさんまたまた入院中

 随分とご無沙汰していました。久々のブログが、このタイトル…ほかに書きたいこと、いっぱいあったんだけれど。
 
 そうなんです、あんさんまたまた入院中なんです。今年度に入って、もう3度目。しかも、前回の入院から、2か月もあいていないという。病棟の看護師さんに、「あらー、あんさんおかえり。」と言われる始末です

 あんさん、ブログの更新ができていない間、わりと元気に過ごしていたんです。相変わらず、痰は出にくかったし、時折体温が下がることはあったものの、機嫌もよく、食欲もあり、まさか入院しなければならなくなるなんて…

 今週の水曜日に、かかりつけの病院で診察があり、夫が連れて行ってくれたのですが、その行きの車の中で、少し息が上がっていたようです。家を出る前に吸引したのだけれど、痰がひけなかったらしく、そのせいかと思ったのですが、病院について、吸引してもらっても、呼吸が早いのが落ち着かない。酸素濃度を測ると、80代後半。

 そこで、レントゲンを撮り、右側の肺に少し影がうつっていたこと、血液検査で炎症反応が高めだったことから、念のために入院して様子を見ようということになったのでした。

 診断名は誤嚥性肺炎。誤嚥性と言っても、経口によるものというよりは、痰や分泌物が肺に入り込んでしまったために起こったものでしょうということでした。

 やっぱり、痰は強敵過ぎる。体位変換もこまめにして、水分補給と湿度にも気を付けていたのに、それでも肺炎になってしまうなんて、これ以上どう攻略すればいいんだろう。

 しかも、病院に行くまではいつも通りのあんさんだったんです。そんなにゴロゴロも言っていなかったし、肺の音も悪くなかった。

 でも、私が病室に着いたころには、確かに息も早くて、肺もぎゅーぎゅー言ってて。まさかの急変ぶりにびっくり!!

 幸いなことに、軽いものだったのか、吸入してもらってしんどい位置にあった痰がひけたのか、翌朝にはすっかり落ち着いたあんさん。水曜日に入院したのだけれど、金曜日にはもう退院しようということになったんですよね。採血の結果次第とは言われていたんだけれど、この調子じゃ大丈夫でしょうって。

 それがまさかの、炎症反応上昇が判明。

 きっと、少し前の値が、今になって出ているんだろうということだったけれど、もう少し入院して様子を見ることになりました。月曜日に採血して、その結果次第で退院という感じ。

 今日、退院する気満々だったのに…。

 「まだ帰れないの?」

 あたち元気です
  
 あんさん、月曜日こそは頼んだよ~。

 あっ、でも今回の入院でいいこともありましたこんなに痰が出にくいのならと、吸入器の話が再浮上。主治医の先生も、この状態なら、意見書が書けるということで、さっそく病院のケースワーカーさんが、動いてくださって、申請する方向に向かっています。

 やったー!!あんさんでかした身を以て、吸入器がほしいアピールをしてくれたのかしら。

 痰と悪戦苦闘するたびに、「吸入器があればなぁ」とため息をついていた母の声を聞いていてくれたに違いない。

 吸入器という力強い味方を得たことで、今回のような入院を、何とか繰り返さないようにしたいです。

 あんさん、頑張ろう吸入器さん、大いに期待しております。

 ちょっとバタバタしておりますが、落ち着いたらみなさんのブログにも遊びに行きたいです。退院したら、あんさんの様子や、ここ最近の出来事など、アップしますね。

 みなさんも、くれぐれも体調にはお気を付けください

 お友達のみんなが、この冬を元気に乗り越えられますように


 
みなさん、いつも温かい応援やコメントありがとうございます。ぽちっと押していただけると、嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2014/11/28 23:24 ] あんさんのこと | TB(0) | CM(14)

あんさんの強敵と心強い味方

 朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね。

 こうなると、あんさんの強敵が出現しますもちろん、その敵と闘っているのは、あんさんだけではないだろうけれど。

 それは「寒さ」と「乾燥」

 もうそろそろ寒くなってきたから、気を付けないとなぁと思っていた、先週の中頃、何だかあんさんの眠りがいつもより深い…。しかも、体の力が抜けきっている…。まさか…と思って体温を測ると、34度3分でした。ついにやってきた低体温

 まだまだ昼間は温かいので、低体温に警戒するのはまだ先かなぁと思っていたのに、甘かったです。あんさん、熱はそんなにこもらない方だと思うんだけれど、寒さにはそれは正直に反応してしまう…。

 あんさん、低体温になると、やたらと寝ます。起きないから、口からご飯も食べないし、何よりも困るのが、排痰をしようとしなくなること。排痰するには、しっかりと呼吸することが大切とのことですが、深い眠りはどうしても、呼吸が浅くってしまうし、咳をすることもない。

 これが非常に困ります。ゴロゴロが多かったあんさんが、ゴロゴロさえ言わずに、眠り込んでいる姿は本当に怖い湯たんぽやブランケットなどを駆使しまくって、体温をあげ、無理に起こしてあんさんを泣かせ、何とか痰が上がってくるようにはしていますが、11月半ばからこれじゃあ先が思いやられる。

 しかも、もう一つの強敵「乾燥」のおかげで、痰が固くなって、ただでさえ上がってこないんですよね。加湿と水分補給には気を付けているけれど、それだけじゃあなかなか追いつかないんです。だから、吸入器が必要って言ったのに~。←けっこうしつこい。

 でも、低体温に関しては、34度3分をたたき出した次の日から、ずっと平熱をキープ。もちろん、対策をしたこともあったのだろうけれど、「そろそろ気を付けてね!」というあんさんからの、警告だったのかなぁなんて思っています。 

 ただ、先ほども書いたように、寒さと乾燥対策が必要なのはあんさんだけじゃなくて。ブログでお友達の対策なども勉強させてもらいながら、何とかこの時期を乗り越えたいと思います。とにかく、保温と加湿と水分補給!!このセリフを、ぶつぶつと繰り返している私です。

 それでも、あんさんには心強い味方もたくさんいて…

 たとえば先週末に来てくれた、訪問リハのAさん。低体温や乾燥で、ますます痰が出にくくなっていることを話すと、急遽リハメニューを、排痰に変えてくれました。

 療法士さんの手の感覚が、不思議でたまらない。どうしてさわっただけで、痰のある場所やその固さまで、わかってしまうんでしょう。

 「ここにあるねー。あんさん、ちょっと角度変えるよ。」

 と抱っこの向きを変え、痰のある場所に手を置いて、何やら動かすこと数分。

 「ごほっごほっ!!」

 と、あんさん咳をして、自分で排痰できました~自分で排痰して、残っている痰を、吸引器でしっかりと吸い取るという動作を、1時間のリハのうちで4回もリハが終わった時には、すっきりとした表情を見せていたあんさん。痰が取れて、安心した母だけれど、そんなにゴロゴロ言っていないのに、あんなに痰がたまっていたのを見ると、やっぱり油断しちゃいけないなぁと思う。

 もう、PTさんのその技術、本当にほしい。そこまではいかなくても、排痰講座なるものがあったら、通い詰めるのにと思う母でした。

 月曜日は、療育でPTがあるから、そこでもしっかりと排痰してもらおうね。

 そして、股関節脱臼の心強い味方になってくれるものが、完成しました~

 「ニューポート」という装具らしい。

 股関節装具

 排痰の関係で、こまめに体位変換をしなきゃいけないので、とりあえずはこんな感じで仰向けで寝ているときに、使用することとなりました。そんなにきつく、角度をつけていないこともあって、あんさん嫌がらないの。よかった

 装具が出来上がるまでは、あんさんに負担にならない程度につけようと思っていた母でしたが、装具をつけているときと、つけていないときの状態をレントゲンで撮ってみると、随分と違う!!

 整形の先生も、あんさんにあまり負担にならないようにとオーダーしてくれていたので、つけているからといって、完全に股関節がはまっているわけではないんだれど、それでもつけることで、股関節脱臼の進みを確実に遅らせてくれるんじゃないかと感じました。あんさん、頑張って装具をつけようね。

 この装具を作ってくださった技師さん。こんなに小さなサイズを作るのは初めてだったそうで、随分と苦労されたようでした。見た目はいかついおっちゃんなんだけれど、とても優しい表情であんさんに接してくれて、先生の細かいオーダーに、
しっかりと応えていました。きっと、みんなからすごく信頼されているんだろうな。

 見えにくいんだけれど、装具にはあんさんの名前が刻印されています。なんだか、その技師さんから、「頑張ってね。」というメッセージとともに、大事な大事な贈り物をもらったような気がして、泣きそうになった母なのでした。

 あんさんが生まれるまでは、こういったお仕事があるということも、ちゃんと知らなかったな。

 ちなみに、あんさんの装具は、自己負担額が1割となっていて、15000円ほどでした。大切に使わさせて頂きます。

 あんさん、たくさんの味方に支えられて、あんさんなりに元気に過ごしていこうね

 そして、将来的にはあんさんの1番の味方になってほしい人物。そう、ゆっさんです。

 前回は、ゆっさんのことで落ち込む私とゆっさんに、温かいお言葉をたくさんありがとうございます。いつものことながら、本当に励まされました

 あんな、真面目な記事の後に、こんな内容でいいのだろうかと思うのですが…最近のゆっさんのブームのことを。

 加トちゃんぺ

 わかります?加トちゃんぺをしているゆっさん。ゆっさん、なぜかは全く不明なのですが、最近加トちゃんがお気に入りです。なぜ…。絵を描いても、加トちゃんばかり描いていた日がありました。

 加トちゃんだらけ

 ゆっさん、うますぎるだろ(笑)

 先日も、パパをつかまえて、一緒に加トちゃん作りに精を出していたゆっさんですが、ついにはあんさんまで巻き込まれてしまいました。

 ・・・

 「こんなにされて、かわいそうに」と嘆く父の隣で、大喜びで写メを撮りまくる母。あんさん、ごめん(笑)

 よく見ると、隣のくまちゃんまで、加トちゃん化しております。

 そういえば、バカ殿様も、大喜びで見ていたゆっさん。うーん、母の影響ですかね。早く、このブームが終わりますように…。

 みなさん、いつも温かい応援やコメントありがとうございます。ぽちっと押していただけると、嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
[ 2014/11/16 16:18 ] あんさんのこと | TB(0) | CM(6)

ゆっさんの言葉

 
 せっかくの日曜日なのに、こちらの地域は雨でした。最近、週末に天気が崩れることが多くて、我が家では布団乾燥機が大活躍しています。

 近頃の布団乾燥機には(以前から?)、あたためという機能もついていて、短時間で布団を温めてくれます。温度変化が大の苦手のあんさん。抱っこから抱っこ、布団から抱きあげるなど、温度の変化を過敏に感じ取り、不快で泣いてしまいます。

 これからの時期、ますます布団が冷たくなってしまうんだけれど、このあたための機能を使えば、あんさんを寝室の布団にうつすときでも、あんさんを泣かさないですむ。そういえば、電気毛布をゲットしているお友達もいたなぁ。あんさんにもいいかもしれない

 さて、タイトルの話へ。今回は久々に、我が家の長女ゆっさんのことです。

 先週、保育園の親子遠足があったのですが、行きのバスのなか、一人ひとり自己紹介をすることになりました。特に話すことは決められていなかったんだけれど、だいたいのお友達が、自分のお名前と好きな食べ物や遊びを話していました。

 そうしてゆっさんの番。ゆっさんは自分の名前を言った後、

 「好きなものは、あんちゃんとメロンです!」

 って言いました。メロンと一緒なんやと、心の中で笑いつつも、ゆっさんの気持ちが嬉しかったり

 最近、お誕生日を迎えて、5歳になったゆっさん。保育園からもらってきたお誕生カードには、「お友達思いのとっても優しいゆっさん。困っているお友達を見ると、いつも声をかけてくれます。」と、担任の先生が書いてくれていました。

 そんなふうに、担任の先生は、ゆっさんのことを見てくれているんだなぁと思うと、これまた嬉しくて。

 ただね、うちのゆっさん、内弁慶というか、なんというか…。家では、ものすごく気が強くて、わがままで、甘えん坊で、口も立つようになってきたことから、私との本気バトルなんて、しょっちゅうです

 それなのに、遠足のバスの中では、ゆっさんのリュックサックをおろそうと、私が手を伸ばすと、「自分でできるから。」とクールに私の手を払いのけたり、前のほうの席で、先生が手遊びをしているのが見えないと言ったので、膝に乗せようとすると、嫌がったり。

 しまいには、「ママ、ゆっさん、もう5歳なんだからやめてよ。」と、まるで私が一方的に世話を焼いているように言い放ちました

 ゆっさん、あなたのなかでは、家に帰ると自動的に2歳児になるような仕組みがあるのでしょうか?

 そんな、ある意味あんさんよりも手がかかるお子さんですが、あんさんにはやっぱり、優しいお姉ちゃんです。

 激しすぎるスキンシップはあいかわらず、「あんちゃーん、かわいい♡」と連呼しています。

 ところが、先日ついにゆっさんの口から、こんな言葉が出ました。

 「あんちゃんが、元気にうまれてきた方がよかったな。」
 
 いつかはこういった言葉が出ると思ったんだけれど、急な言葉に母も動揺してしまったし、もちろん落ち込んだし。どうしてそんな気持ちになったのかを聞くと、園でゆっさんとあんさんと同じ年齢差の兄弟が、何組かいらっしゃるのですが、その兄弟のやりとりを見て、羨ましくなったとのことでした。

 「あんちゃんも、名前を呼んだら、ハイハイしてこっちに来てほしかったの。」

 なんともほほえましいその兄弟のやりとりを、ゆっさんはどんな気持ちで見ていたんだろう。あんさんは、ハイハイはもちろん、ゆっさんのほうを振り向くことさえできないもんな。

 そのときのゆっさんの気持ちを考えると、胸が締め付けられる思いがします。

 でもゆっさん、そんな私の気持ちを察したんでしょうね。すぐに

 「今、ちょっと間違えちゃった。やっぱり、あんちゃんが1番いい。」

 って、言い直したんですよね。いやいや、ゆっさんは間違ってなんかない。「元気なほうがよかった。」そう思うのはごく自然なことだから。間違えたって言わせて、母のほうこそごめんね。

 本当だったら、今頃一緒に遊べていたのに、ケンカもしていただろうに。

 最近のゆっさん、よくあんさんとケンカしたがっていたんです。でも、もちろんできないから、「ママ、あんちゃんと一緒に『これちょーだい。』って言って、ゆっさんの持っているお人形をとって。」というふうに、私に代わりをさせるんだけれど。

 私が「ねえね、これちょーだい!」と言って、人形をあんさんの腕のなかに抱えさせると、ものすごく嬉しそうに、「あんちゃん、ダメだよ。ねえねのだから、返してよ。」と、あんさんに向かって話しかける。私が「いやだ!」とあんさんの体をイヤイヤさせると、「もう、あんちゃんてば~!!」とさらに大喜び。そんな姿を見て、「本当はこんなふうに、したいんだろうなぁ。」と分かってはいたんですよね。でも、そう考えるとどうにも切なくて。

 そんな姿があってのゆっさんの言葉だったので、ゆっさんの素直な言葉だったんだと思います。

 ゆっさんには、「元気に生まれてきてほしかったって思うのは、当たり前のことだよ。あんさんがお病気で生まれたから、ゆっさんとも遊べずに、寂しいよね。本当にごめんね。でも、あんさんが一緒に遊べない分、パパとママが、ゆっさんと一緒にいっぱい遊ぶからね。4人で、楽しいこといっぱいしようね。」
 
 と話すと、ゆっさんは

 「うん。ゆっさんは、遊べなくてもあんちゃん大好きだよ。」 

 と言ってくれました。だいぶ無理をさせちゃっているだろうな。

 でも、こればかりはどうすることもできない、仕方のないこと。ゆっさん、いつかゆっさんにも辛い現実に向き合わせてしまうときがくるかもしれないけれど、それでもあんさんのことを、大切に思ってもらえるように、父と母は愛情の貯金をしまくるよ。

 ゆっさんの言葉から、1週間。その話題はもう、口にもしなくなったゆっさんだけれど、母はしっかりと肝に銘じとくからね。

 ゆっさんの誕生日当日は、仕事や用事がちょうど入っていたので、この日は大好きなチョコレートケーキでお祝いのみ。

 それでも、双方の祖父母や、私の妹たちに、たくさんのプレゼントをもらって、とっても嬉しそうなゆっさんなのでした

 5歳のお誕生日

 ゆっさん、お誕生日おめでとう。元気に5歳を迎えてくれて、父と母は幸せです。

 ちなみにこれが、今のあんさんと同じ1歳5か月のころのゆっさん

 ゆっさん1歳5ヶ月

 かわいいなぁ。髪の毛なかったけれど(笑)

 いつまでも仲の良い姉妹でいてください。あんさん、めっちゃ迷惑そう

 ねえね、やめて…

 今回はゆっさんのことばかりだったので、あんさんのことも。

 ちょっと遅めの朝ごはんを食べているとき、ゆっさんが食べていたプッチンプリンをおすそ分けしてもらいました。最初はちょっと不思議そうにしていたけれど…。

 これはなに?

 スイーツ大好き女子なので、気に入ったらしい。喜んでるように見える

 おいちー♡

 あんさん、髪の毛が最近ますます増えてきて、夫に「(アラレちゃんの)ガッちゃん♡」と呼ばれております。

 そういえば、親子遠足で行った動物園で、動物のことにはまるで興味がなさそうなあんさんでしたが、スタンプラリーをしてもらえた、『綿菓子』には、めっちゃ食いついていました。先生方が、あんさんのようなごっくんが苦手な子でも、綿菓子ならいけるかもと選んでくれたらしい

 そのときに、綿菓子の甘さに興奮したのか、母の指にまで噛みついて、なかなか離してくれませんでした。痛かったやっぱり、ガッちゃん?

 よし、明日からまた頑張りましょう。急に寒くなるようなので、あんさんもお友達も、体調を崩しませんように

 
 みなさん、いつも温かい応援やコメントありがとうございます。ぽちっと押していただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

[ 2014/11/10 01:20 ] ゆっさんのこと | TB(0) | CM(24)

嬉しい再会と出会い

 はや11月ですね。こちらの地域は、山の木々が少しずつ色づいてきて、秋の深まりを感じます

 あんさんは、ものすごく不調とまではいかないものの、吸引器がなかなか手放せませんそれでも、こまめに体位をかえることで、痰が上がってきて、咳き込んでくれるので、タイミングを見ながら、体位変換や吸引をするようにしています。

 頻回な吸引は、あんさんにとって負担が大きいだろうけれど、再び入院とならないためにも、あんさんに頑張ってもらわなければ。あんさん、母ももっと、吸引のこつをつかんでいくからね

 さて、タイトルのことなのですが、今日は私の住んでいる地域で、キッズ向けの福祉機器展がありました。そこで、嬉しい嬉しい再会が

 ♪マイペース咲太とHappy Life♪でおなじみの、ちゃぱるさんファミリーにお会いできたんです。

 我が家が会場に着いたのが、もうお昼を過ぎていたので、長くお話はできませんでしたが、あいかわらずの素敵なご家族に、元気をたくさんもらいました。

 咲太くんは、熟睡中。あんさんは、寝ていたところを、私に無理やり起こされて、すこぶる不機嫌なところでしたが、もちろん2ショット写真をおさめましたよー。あんさん、何だか態度がデカくないかい?

 咲ちゃん♡

 このあと、目を覚ました咲太くんを、抱っこさせてもらいましたー!咲太くん、かわいかった~ちなみに、うちのあんさんも、ちゃぱるさんと旦那さまに、抱っこしてもらったのです。無愛想にしておりましたが(笑)

 以前、ちゃぱるさんのブログで、郷土料理なのかな?「芋たき」というものが紹介されていて、私が興味を持ったことをちゃんと覚えてくださって、こんなものを頂いちゃいました。

 芋たき

 めっちゃ嬉しいんですけれど明日の晩ごはんにしますあんさんも食べられそうだな~。他にも、咲太くんの好きなふれあい遊びの歌を、あんさんとゆっさんにって、CDにやいてきてくれていました。しかも、丁寧な説明つき。

 なんだかね、ちゃぱるさんのお人柄が伝わってきます。私よりもずっと若いのに、すごくしっかりされていて、本当に素敵な方です。その気遣い、見習わないといけないなぁ

 そして、ブログを通じて仲良くさせてもらっていた、お隣の県のまほっちファミリーにもお会いすることができました。ブログはこちら→いつか、きっと☆

 まほっちの体調が今一つだったことから、当初は参加が難しいということだったのですが、まほっちの状態も落ち着いてきたとのことで、急遽参加できるようになって、お会いすることができました

 まほっち♡

 まほっち、色白でぷくぷくで、とってもかわいかったー!!!そしてまほっちママさんもパパさんも、とっても優しそうな方で、お土産まで頂いちゃいました。参加した時間がずれていたことで、少ししかお話はできなかったのですが、実際にまほっちやママさんにお会いできたこと、とっても嬉しかったです

 また、うつぶせのクッションを製作中で、あんさんと一緒に写真は撮れなかったけれど、ブログを通じて知り合った、同じ県内に住む、ママさんとそのお子さんにもお会いすることができました!!

 なんだかみなさん揃って、明るくて感じのいい方ばかり

 私の住んでいる地域って、あんさんのような、重度のお子さんと知り合う機会ってなかなかなくて。私が知らないだけかもしれませんが、通園施設での交流会のようなものにも、参加したことがなく…。

 なので、こういった出会いは本当に本当に嬉しいし、ずっと仲良くさせてもらいたいなぁと思います。いつか、四国を飛び出して、仲良くさせてもらっているママさん達にもお会いしたいなー。

 ブログでのお友達のほかにも、かかりつけの病院や療育センターの看護師さんに声をかけてもらったり、あんさんが退院したころからお世話になっている、保健師さんに久しぶりに再会して、大はしゃぎしたり。

 何だか、嬉しい出会いがたくさんあったのでした。 そういった出会いが嬉しくて、バギーの試乗とかほとんどしないままで終わってしまいましたが…(笑)でも、とろみ剤とかの試供品は、しっかりともらってきたんだけれど

 いつのものことなんですが、終盤になってきて、ようやくあんさんもしっかりと目をさまし、あたりを見回していたのでした。だからあんさん、その表情を早めに見せてくれると嬉しいんだけれど。

 ここはどこー?

 人見知り、場所見知りが激しいゆっさん。ちゃぱるさんファミリーの前でも、モジモジしっぱなしだし、しかも、ゆっさんの大の苦手な着ぐるみがあちこちに出現して、結局逃げ回って終わったのでした

 会場の外に出ると、元気になったゆっさん。

 姉妹

 このあとは私の大好きなセリアで、今週に控えている、保育園の親子遠足のお弁当グッズを買ってから、退屈していたゆっさんのために公園へ。あたりが暗くなるまで、遊びました。

 IN 公園

 あんさんも一緒に、滑り台を楽しもうと思ったんだけれど、眠たかったのか、怪獣泣き(笑)

 ギャン泣き

 たっぷり遊んだあとは、ゆっさんの大好きな回転寿司屋さんに行きました

 あんさん、ゴロゴロが多かったので、ちょっと口からは控えるようにしたんだけれど、本人は食べる気満々?

 あたちのごはん…

 結果的には、ゆっさんも大満足の、楽しい休日となりました。あんさんも疲れたかな?家に着くと、やれやれというように、一息つくような姿が見られていました。

 今日、咲太くんや、まほっちに会って思ったんだけれど、あんさん体型が、まるっこすぎる(笑)咲太くんも、まほっちも、手足がすらっとしてたよー。

 三頭身?

 今週はまた仕事が忙しくなりそうなので、いい充電ができました。みなさまも、楽しい休日をお過ごしくださいね

 みなさん、いつも温かい応援やコメントありがとうございます。ぽちっと押していただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

[ 2014/11/03 00:53 ] おでかけのこと | TB(0) | CM(20)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。