ゆずあん日記

3姉弟の育児日記です。次女はダンディーウォーカー症候群と難治性てんかん。大変な毎日だけれど、小さな幸せを見つけながら、笑顔で過ごしていけたらと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブログについて思うこと

 こんにちは。みなさん、楽しい週末をお過ごしになりましたか?

 私は、家でゆっくりと過ごしたり、昨日は旦那さんの実家に晩ごはんをごちそうになったりして、のんびりとしていました。ちなみに、昨日の晩ごはんは豚の角煮私大好きなんですよねでも、自分で作るのは面倒…いやいや、圧力鍋があるので、すぐにできることはできるのですが、節約中の我が家からすると、ブロック肉ってけっこう高いんですよねなので、義実家にお邪魔すると、よくリクエストしちゃいます。むふ

 お義母さんはとても料理上手&よく動く方で、私、嫁の分際で、何も手伝わず、のんびりと過ごさせてもらっています。ゆっさんはお義父さんが相手してくれるので、ひたすらのんびりのんびりとてもよくしてもらっていて、ありがたいです今度は何をリクエストしようかな。ゆっさんに聞くと、いつもトンカツかハンバーグになるんですよね。それだったら家でも作れるから、違うものが食べたいという私と、いつも意見がわかれます。子どもか

 話はさておき、前回の記事で、リハビリのことを書きたいと言っていたのですが、今回いろんな方から温かいコメントを頂き、そういえば前から書きたかったことがあったなぁと思いだし、ちょうどいい機会なので、記録にしておくことにしました。
 
 あまり、あんさんには関係のないことなので、さらっと聞き流してもらえたらと思います。

 今回、私の落ち込みように、本当にたくさんの方から温かいコメントやメッセージを頂きました。そして、前回の記事までに少し時間があいたことから、心配してくださったり、更新を楽しみにしていたと言ってくださる方がいたりして、本当に救われたし、励まされたのです

 このブログを始めたきっかけは、私自身が、先輩ママさんたちのブログに助けられたこと、(それは今でも変わりません)、そのため、私自身の経験が、少しでもどなたかのお役に立てればいいなと思ったんです。そして、同じような境遇の方と、つながりを深めたかったのも大きいです

 なので、私なんかのブログに勇気づけられたと言ってくださる方、更新を楽しみにしてくださっている方、気持ちがすごくわかるよ。頑張ろうね。と温かく励ましてくれる方。そういった方ができたことは、何より嬉しい

 そもそもの始まりは、私のお腹にあんさんがいるとき、今の診断とは違う病気が疑われていたことがあって、ネットでその病気のことを調べまくった際に、あるママさんのブログにたどり着いたことからでした。そのママさんも私と同じように、妊娠中は葛藤し、悩み、苦しみ、けれど生まれてきたわが子が愛しくて愛しくて…愛情いっぱいに満ち溢れているそのブログを、眠るのを忘れて読みました。

 そして、そのママさんのブログから、ブログ村にたどり着き、そのなかであんさんと病名は違うのだけれど、お子さんが重度の脳障がいを持つママさん達のブログに出会いました。


 私、あんさんのように、重度の障がいをもつ子どもの子育てに対して、大変とか辛いとかその果てには幸せはなれないとかいう、とんでもない偏見を持っていたんですよね職業上、配慮が必要なお子さんとかかわる機会はたくさんあって、子どもたちはそれはそれはかわいくて、本当にたくさんの大切なこと教えられました。けれど、重度のお子さんとはあまりかかわりがなかったこともあって、マイナスなイメージしか持てなかった。ましてや、命にかかわるとまで言われたわが子との未来は、絶望でしかありませんでした


 だからね、それらのブログに出会ったときは、衝撃を受けました。

 だって、すごく楽しそうで、幸せそうだったから(なんて、単純ないい方…

 もちろん、病院のことや、辛い症状や治療のことなど、大変なことも書かれているんだけれど、それ以上にわが子を愛情いっぱいに育てている様子に涙が止まりませんでした。楽しい日々のことを綴っている記事も、「楽しそう~」と泣きながら読んでいた私は、今思えば相当病んでいたんでしょうね(笑)

 最初に出会ったママさんのブログも、ブログ村で出会ったママさんたちのブログもそうなんですが、何が1番勇気づけられたかというと、

 わが子がかわいくて愛しくてたまらない

ということです。なんせ、その頃の私は、どす黒い感情ばかりが胸の内を占め、重い障がいを抱えているわが子をかわいいと思えるんだろうか、愛せるんだろうかなどと思っていたのです。わが子を心から愛することができれば、きっと辛いことも乗り越えていけるんだろうけれど、そんな自信は全くなくて。無事に生まれてきてほしいとも思えなかった最低な母だったわけです

 だから、そのママさんたちが、わが子を全力で愛する気持ちに、どれだけ勇気づけられたか。たとえ重い障がいがあっても、わが子がかわいくてたまらないということが証明されている、それらのブログにどれだけ救われたか。

 こんな母になりたいと強く強く願いました。あの頃の私を救ってくれたと言っても、過言ではありません。

 超人見知りの私ですが、そのママさんたちには勇気を出してコメントをし(おおげさ…)、今では嬉しいことにコメントのやりとりをさせてもらっていますそして、私のブログに同じような境遇の方がコメントくださり、ネット上のこととはいえ、いろんな方とつながりが持てるようになりました。また、ブログ村などから、たくさんのブログにも出会い、日々勉強させてもらっています

 よく、子育ては障がいがあってもなくても、大変さはかわらない。という言葉を聞きますが…。ありがたいことに健康に育っているゆっさん。そのゆっさんに対しても、もちろん悩みはたくさんあります。けれど、あんさんに対する悩みとかわらないかと言うと、私のなかではそうではないんですよね

 あんさんに重い障がいあるとわかったとき、生まれてからも次々と襲いかかる辛い試練に、本当にどん底を味わいました。これから一生心から笑えないんじゃないかとさえ思いました。

 今ではたくさんのブログを参考にさせてもらっていますが、きっとそのママさんたちも同じような思いをしてきたはずなんですよね。そして、私にコメントをくださる同じ境遇のママさんたちも。

 けれど、それらを乗り越えられての今がある。そんなママさんたちの言葉は、私にとってなんというか、きれいなんです。重みがあるとか、共感できるとか、自分の気持ちにあてはまる言葉を探してみたけど、「きれい」これが一番しっくりくる。

 何気ない日常を綴っている言葉も、ただの親ばかな言葉も(失礼)、私に対しての温かい言葉もとてもきれいで、まっすぐ胸に突き刺さります。ひねくれ者の私が、とても素直に受け入れられる。

 だから、そういった方たちの言葉を聞けるきっかけとなった、このブログを始めて本当によかったと思います

 少しでも私と同じような思いをしている方の役に立てればと思うのですが、なんせまだまだ発展途上なので…。このブログを読んで、さらに将来を悲観するようになる方がいたらどうしよう…と不安ですがなんせ、ネガティブ日記

 私も、心からわが子のことを想い、愛し、将来への不安や偏見に負けないくらい、笑顔いっぱいの明るい母になれるよう、ぼちぼち頑張っていきたいと思います。あくまで目標。あくまでぼちぼち途中でへこたれまくることは目に見えているので(笑)

 だから、今後も少しずつ成長していく(つもり…)の私を見守ってくださるような心境で、ブログを覗いてもらえたらと思います

 でもあの頃の私に対して、今の私でも言えることがあります。

 「大丈夫、また心から笑えるようになるから。しかも、笑うたびにほんわかと幸せと感謝を感じる、スペシャルな笑いなんだよ。それと、あんさんはめちゃめちゃかわいいよ。そう思えるようになるまで、時間はかかるけれど、その時間もきっと必要だったんだ。頑張れ、頑張れ、頑張れ

 笑いといえば、昨日お風呂であんさんに初めてスイマーバを装着。あんさん、頭が重いこともあるのか、前かがみというか、くの字のような格好になって、お尻がぷりっとそれはそれはかわいくて、家族で大爆笑しました。いつか、写真に撮って、皆さんにもお見せできたらいいな~。あんさん、ごめんでも爆笑みたいな…

 なんだか、話がそれたしかも、うまくまとめられないまま、ダラダラと。いつものことですみません。でも、ずっと書きたかったことなので、書けてすっきりしました

 ごまかしの意味も込めて、最後はあんさんの画像で…。貴重な無意識、にやにや笑い。でも、iPhoneで撮ったやつなので、きれいにアップできるかないまだに、使い方がわかっておりません

 にやにやあんさん
 か~わ~い~い~

 どうかみなさん、今後もよろしくお願いいたします。本当に本当にありがとう

 あゆシューさん
 拍手欄から、お返事ができなかったので、こちらから失礼します。お子さんのこと、ご心配でしたね病院でのママさんの気持ち、痛いほどよくわかります。けれど、異常がなくて本当によかった脳に異常がないてんかんは、お薬が効きやすいと聞きます。きっと、これまでと変わらない日常が過ごせるようになりますよ。私も陰ながら応援しています。コメントもブログを楽しみにしてくださっていることも、とても嬉しいです。ありがとうございました
 
 追記

 あゆシューさん、再度のコメントありがとうございますご質問のコメントの件ですが、私のブログをパソコン版で見てくれているのか、スマートフォン版で見てくれているのかわからないので、どちらも書いておきます
 
 パソコン版は、記事の最後のほうに小さく「CM」と書いているところがあって、そこをクリックしてもらえれば、コメント投稿欄が出てくるかと思います。お名前とコメント欄だけの記入で大丈夫だったはずです。(必要に応じてタイトルも)最後にコメントを私だけの閲覧にするのか(非公開)、公開にしてもいいのかを選んでください。管理者にだけ、表示を許可するというところに、チェックを入れると、非公開になります。そして、送信をクリック
 
 スマートフォン版は、Post a Commentをクリックして、同じように名前とコメントを記入、公開か非公開かを選んで、送信です。

 これまでと同じように拍手欄でもコメントを送れますが、非公開にすると、返信できない仕組みのようです

 なので、コメント欄からか拍手欄でも公開にしてもらえると、私がお返事を書けるようになります。簡単な説明ですみませんよろしくお願いします

 いつも読んでくださってありがとうございます。よかったら押してやってください

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村


 
[ 2013/11/11 12:58 ] 私自身のこと | TB(0) | CM(18)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/11/11 14:32 ] [ 編集 ]
ちまきさん
 ちまきさん、いつも温かいコメントをありがとうございますe-267

 またまた吹き出してしまいましたよ。確かにある意味これは非公開(笑)ちまきさんには、本当にいつも元気をもらっていますe-349

 私が素直なんてとんでもない…。心の中はどす黒いですよe-440e-263でも、それによってちまきさんが応援してくださるのなら、素直と言うことにしておいてください(笑)

 本当にどう感じるのかって、自分次第でいくらでもかわりますよね。同じ事柄でも、幸せだと感じられる人もいるし、不幸だと思う人もいる。どうせ同じ経験をするのなら、幸せだと感じられるようになりたいですe-454
 
 息子さん自身じゃなくて、息子さんの状態を見ていたって、すごくよくわかります。私は今でもそんな感じがあるのだと思う。いつかはあんさんとしっかりと向き合えるようになりたいですe-271

 お風呂、今日もスイマーバを試したのですが、やっぱりかわいくて爆笑でしたe-455あんさんも慣れてきたのか、姿勢は安定してきたのですが、お尻がたまらなかったですe-415冬は大活躍しそうですが、確かに年齢制限があり、その後は不便になりそうですねe-263

 わが子が少しでも快適に過ごせるようなものが、どんどん出てくればいいですねe-446
[ 2013/11/11 19:52 ] [ 編集 ]
こんばんわ
ヾ(≧∇≦*)/キャー♪
あんちゃんの笑顔、ごちそうさまですv-10
かわいい!!そして、毛布でぐるぐる巻??

私も、ゆずぽんさん同様に先輩ママさんや境遇は違えども頑張ってる方のブログを見ては、共感し涙し、自分もいつかそんな風になれるのかな??って・・思ってました!
1歳ちょいから始めたブログで、ゆずぽんさんを初めほんと色んな方と仲良くしてもらって(ほら、ゆずぽんさんと同じ人見知りだから(笑))今では、ブログ以外でもリアルでもつながった友だちもできました。
よく言うのは、この時代でよかったな~って。
ネットがない時代だったら、絶対にひきこもっていたはず。
まだまだ小心者の私は、やはり人の目や言動に未だにグサグサやられる時もあるけれど、少しずつだけど前に進めているのかな?

あんちゃんのぷっくりお尻(*´∀`*)ポッ
見たいけど、やっぱ女子ですからね~心の中で想像しておこうe-440
[ 2013/11/11 22:29 ] [ 編集 ]
かわいい笑顔!!
こんにちは。
今回の日記、何度も読ませてもらって涙が出ました。

「大丈夫、また心から笑えるようになるから…」という部分に
とっても力をもらいましたよ。

うちも娘が2人、健常の長女と、重症児の次女がいますが
私もゆずぽんさんと同じく、
「子育ては障がいがあってもなくても、大変さはかわらない」
とはどうしても思えません。
障がいの程度にもよるのかもしれませんね。

少なくとも、これまで長女に関して、
次女のように「どこまで延命治療を求めるか?」とか
「自分が先にいなくなったら、この子はどうするのか」とか
悩んだことはなかったですし…。
やっぱり悩みとか大変さの種類がちょっと違うかな、という気がしますね。


障がいを持つお子さんのお母さんたちの言葉は本当にきれいですね。
実際に障がいを持つお子さんのお母さん仲間がいますが、
みなさん本当にきれいです。凛としていて。
私もそうなりたいな~と常々思っています。


なんだか共感ばかりしてしまいますが(笑)、
自分が日頃、心の中で何気な~く思っていることを
ゆずぽんさんが丁寧で温かい言葉で表現してくださっているような気がするくらい
いろんなポイントで共感してしまいます。
住んでいるところももしかしたら近いのかな?(私は大阪市内です)



あんちゃんの笑顔、とってもかわいいです!!
前の日記の、スプーンをくわえたりおもちゃを持ったりしている姿も
すごくラブリーv-10
あんちゃんは幸せなんだろうな、と感じます。

また遊びに来ますね。
[ 2013/11/12 13:08 ] [ 編集 ]
naoさん
 コメントありがとうございますe-267

 あんさん、旦那さんに毛布でぐるぐる巻きにされていました~。気に入ってのにやにやなのかしら?e-440

 本当にねぇ、naoさんのブログにもどれだけ救われたかe-442感情移入しすぎて、自分のことのように、ひどいGCUの看護師さんにイライラしたり、お医者さんに、「もっと、口からミルク飲ませてあげてよe-262」とクレームをつけたくなったり(笑)

 これまで、本当に本当に大変だったと思うんですけど、そんななかでも、naoさんはいつも凛としていて強かったe-420とにかく、ももたんのためにできることを最優先に考えていて、行動していて、ももたんをひたすら想う姿に勇気づけられていました。あと、看護師さん以上に、下手したらお医者さん以上に看護が的確で、薬に詳しいところもe-451

 これからも、たくさんのことを学ばせて頂きますe-149むふふe-446

 あんさんのお尻、写真に撮ってみたんですが、本当にお尻がぷりぷり過ぎて、これはさすがにブログに載せられないだろうと思いました(笑)ぜひ想像してみてくださいe-454

 あと、日にち薬っていい言葉e-278きっとあんさんが飲んでいる薬も、日にち薬だe-53
[ 2013/11/12 23:19 ] [ 編集 ]
micchiさん
 温かいコメントありがとうございますe-267

 共感してくださって、とても嬉しいです。私のほうこそ、micchiさんのコメントに励まされ、そしてその言葉に共感しています。私からすると、micchiさんの言葉もとてもきれいe-420きっと、聡明で素敵なママさんなんだろうと思いますe-446

 私の住んでいるところは、高知県なんです。ちょっと遠いですねe-263いいところですが、とっても田舎ですe-351

 私もあんさんが生まれるまで、こんなにつらい悩みを抱えることはなかったです。長女の場合は、悩んでも、解決方法はいくつか見つかるんだけれど、あんさんの場合は、考えれば考えるほど不安が大きくなるし、そのときになってみないとわからないことがほとんどe-282結局、どんなに悩んでも、解決方法が見つからないままのことが多いんです。それがまたしんどいんですよねe-443

 今でも、悩みの大きさは変わらないんですけれど、以前にmicchiさんが書いてくださったように、あんさんが穏やかに過ごせたら、とりあえずはいいかと思うようにしていますe-454

 これからも、ぜひぜひ遊びに来てくださいねe-267あんさんのこと、かわいいと言ってくださって、ありがとうございます。むふふe-349
[ 2013/11/12 23:40 ] [ 編集 ]
めっちゃめちゃ共感しながら読みましたよ~(T_T)お恥ずかしながら、私がブログを始めたのは医療過誤のことで立ち上げた超ネガティブブログでした。だけど気づいたら、ゆずぽんさんと同じように共感してくれたり一緒に頑張ろう!辛いことがあっても、乗り越えていこう~!!ってたくさんのつながりの中で、
いつしか医療過誤のブログではなくって、長女ちゃんの頑張りを伝えたりするブログになっていました(#^.^#)
娘が障害を負ってしまい、もう二度と心の底から笑える日なんて来ない、
って思っていました。そうなれるとも思っていませんでした。
それくらい、自暴自棄の日々が長かったです(*ノωノ)

筋緊張爆発の日々で、睡眠もろくにとれず、母娘でげっそげそになってしまい、ボロボロの日々に、有名なDrにもさじを投げられた長女ちゃんの筋緊張に・・・ネットで同じように苦しむ子のブログを探しまくり、同じように苦しんでいても明るく元気に立ち向かいながら前に進んでいる姿に、どんどん力をもらいました(*´▽`*)本当ブログの力って大きいです!

なかなか笑ったりできないけど、
まぐれでも・・・笑ってくれた時に
一回の笑いでうれし涙まで流せちゃう。。。
子供の笑顔に涙ながせるなんて\(^o^)/
そんな大切な笑顔をこれからも大事にしながら頑張っていこうね~(#^.^#)
[ 2013/11/14 15:24 ] [ 編集 ]
以前コメントしましたかおりんです。
こんにちは。
以前コメントしましたかおりんと申します。
子どもが同じ病気で、毎日子育て頑張ってます。寒くなったので風邪ひいて病院にお世話になりっぱなしです。
ブログ拝見しました。色々と悩んだり辛くなったり落ち込んだりしますよね。
私も色々と思い出して、あんちゃんママの気持ちが痛いほど分かります。
でもきっとお母さんの頑張りや愛情はあんちゃんに伝わってます。
たくさんの愛情で包まれて幸せいっぱい
って表情で伝わってきますね。
辛い時はいっぱい泣いて
嬉しい時はいっぱい笑いましょ( ´ ▽ ` )ノ
[ 2013/11/15 10:51 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/11/15 15:57 ] [ 編集 ]
syoukoさん
 コメントありがとうございますe-267

 そうですよね、私も心から笑える日なんて、もう二度と来ないんじゃないかと思っていましたe-263自分の人生、お先真っ暗だと絶望していましたe-350そんなときに、前向きに頑張っているママさんの達のブログを読むと、私にもきっとこんな日が来ると思えたんですよねe-454

 ママさんのブログは、お医者さんのように詳しい専門的なこともたくさん書かれていて、きっと参考にされている方がたくさんいらっしゃると思いますe-420医療過誤は本当に本当に許されないことですが、そこでママさんが経験されたことや、得た知識を発信することで、たくさんの方が勇気づけられていると思いますe-53

 長女ちゃん、きっとかわいい顔で笑うんでしょうね~e-349あんさんは笑うのは難しいと言われていますが、きっといつか笑ってくれると信じていますe-281笑っていないけれど、私があやすと、何となく嬉しそうな表情を見せてくれることもあって、そんなときは本当に涙が出るほど嬉しいですe-446

 あんさんにたくさんの幸せをもらいながら、頑張っていきたいと思いますe-271
[ 2013/11/15 17:49 ] [ 編集 ]
かおりんさん
 お久しぶりです。温かい、コメントありがとうございますe-267

 お子さん、体調を崩されているんですねe-351これからますます寒くなるので、体調管理が大変になってきますよね。なんだか、あんさんも一度病院に行きだすと、連続して行かなきゃいけなくなるような気がしますe-263

 かおりんさんも、きっとたくさんのことを乗り越えられてきたんですよね。気持ちがわかると言ってくださって、救われるような気がしますe-53この病気は、身近になかなかいないこともあって、孤独感を感じたりもしてしまうのでe-263

 あんさんが、あんさんなりに、穏やかな気持ちで、幸せを感じながら過ごせていたら、本当に本当に嬉しいですe-257
 
 かおりんさんが、書いてくださっているように、辛いときには思い切り泣いて、その分、その後にやってくるはずのささやかな幸せを十分に噛みしめたいと思います。ありがとうございましたe-446
[ 2013/11/15 18:09 ] [ 編集 ]
りゅうママさん
 温かいコメントをありがとうございますe-267私のブログに共感してくださって、また勇気づけられたといってくださって、本当に嬉しいですe-446

 りゅうママさんのおっしゃっていること、よくわかります。私も先輩ママさんのブログを見て前向きになれることができるのですが、そのあとすぐにどん底に落ちてしまうことも多くて…e-43みんな、お子さんを愛情いっぱいに育てているのに、私にはそれができそうにない。なのに、なんでこんな母親のところに、わが子はやってきてしまったんだろう…なんて思っていましたe-351

 周りの人は、母親を選んでくるなんて言ってくれましたが、「こんな、わが子を受け入れられない母親なんて、選ぶわけがない」「障がいをもつ子どもの母親に選ばれたのだとしたら、選ばれたくなんてなかった。」なんて、ひどいこことを悶々と考えていましたよ。

 ネガティブになるのは大得意なので(笑)これからも、私のネガティブ日記にどうぞお付き合いくださいe-446

 本当に、今まで日常だったことを、幸せだと感じられるようになったのは、あんさんのおかげだと思っています。だからといって、あんさんの病気のことを受け入れることはできないし、それを学ばせてもらうにはあまりにも辛い代償ですよね。けれど、これからきっと時間が経つにつれて、今よりもずっと心からの幸せを感じることができるようになると信じていますe-53

 りゅうママさんのコメントには共感することばかり。また、お話を聞かせてくださいねe-454

 
[ 2013/11/15 18:21 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/11/16 23:38 ] [ 編集 ]
あやたくママさん
 温かいコメントありがとうございますe-267

 あんさんも今のところ、細かいことはいろいろありますが、お家で穏やかに過ごせていますe-454

 ブログ、楽しみにしてくださってありがとうございますe-266

 あやたくママさんもお子さんも、お身体に気を付けてお過ごしくださいね~e-446
[ 2013/11/17 12:16 ] [ 編集 ]
おはよう(*´▽`*)
笑うってことについてまたコメントしちゃう~
笑顔を出すって本当すごいことなんだなーってこの子を育ててると
思います(#^^#)うちも笑うのも難しい、パパもママもわからない。
発語もないだろう。お母さん、奇跡は起きないからね!現実をちゃんとみてほしいから!!  って当時の女の主治医には相当キッツイこと言われたんだけど、きっとその先生今なら言わないだろうなぁ(>_<)転院した後に、病弱な子が生まれて育ててDr活動もままならなかった時期もあるらしくて、その後に「ごめんなさい」って謝られたママもいたらしい。

それにどんなに頑張って家で介護してても
笑顔がなくて、朝から晩まで泣いてばかりで、
その頃は24時間テレビとかドキュメンタリーとか・・・
この子の笑顔があるから頑張れる!って言葉が大嫌いでした(*ノωノ)
この言葉が一番嫌いでした(*ノωノ)あーなんてネガティブだった私。。。
どんなに頑張っても笑顔がなくて、
何を励みに頑張ったらいいの?訓練に行っても、同室の子は寝返り訓練やはいはいの練習してたり「機能回復訓練」らしきことをやっていて、
うちは筋緊張でがちがちの身体をほぐしておしまい(*ノωノ)それも泣いてばかりで終了・・・なんて日は、もうまわりの訓練らしき訓練をしている子が
羨ましくて羨ましくて、すごいどんより帰宅することも多々ありましたよ(>_<)

年に一回くらい誰がみても笑ってる!って顔が出来たりするようにはなったけれど、今でも私がみても笑ってるけど、まわりからみたら、「いやなの?」って逆にとられちゃうような眉間にしわをよせてしぶーい顔だけど、
家族からしたら笑顔なんです(≧▽≦)うまく笑えないだけ(#^.^#)
だからきっときっとあんさんもいっぱいちっちゃなサインはこれからも出してくれるはずだよ~(#^.^#)あのころの自分はそんなサインを読み取ってあげられる余裕も…理解もなかったなあって、後悔しまくりですよ~
[ 2013/11/18 09:25 ] [ 編集 ]
syoukoさん
 コメントありがとうございますe-267

 わかります!syoukoさんのコメント、共感しまくりながら、読ませてもらいましたe-278

 あんさんも、きっと笑い方がわからないというか、顔の筋肉がうまく動かせないだけで、心のなかでは、笑っているんじゃないかと思うことがあるんですよ。抱っこしてほしそうなときに、抱っこした瞬間や、抱っこしてゆらゆらと揺らしたりしたときに。

 傍から見ると、無表情で私のほうをじっと見つめているようにしか見えないと思うのですが、私には笑っているような雰囲気が伝わってきて、すごく嬉しくなってしまいますe-349とは言っても、本当の笑顔が見たいなぁなんて願ってしまいますが…e-263

 syoukoさんが書いてくださっている通りに、あんさんなりのサインを私がしっかりと読み取っていくことで、あんさんと私なりにコミュニケーションがとれるようになるかな。周りから見ると、まったくわからないんだけれど。私にしかわからないあんさんのサイン。家族しかわからない、長女ちゃんの笑顔のように、スペシャルな感じがして、すごく嬉しことなんだろうなぁと思っちゃいますe-454

 それを励みにぼちぼち頑張りますe-271私も長女ちゃんの笑顔見たいなぁe-446あっ、胃ろうが終わって、鼻チューブがとれたときの、長女ちゃんの表情は、なんだかとっても嬉しそうに見えて、めちゃめちゃかわいかったですe-266

 
[ 2013/11/18 22:44 ] [ 編集 ]
ブログを読ませていただき、声を上げて泣いてしまいました。
昨日、診断を伝えられ、気持ちはどん底、どす黒いものが渦巻いています。
不安が先に立ち、笑顔なんてないものだと思ってました。

先輩ママのブログを読ませてもらって、少しずつ自分の前へ向く一歩にさせてもらいたいと思います。

また、のぞかせてもらいますねv-7
[ 2016/06/01 11:11 ] [ 編集 ]
まるちゃんさん
 コメントありがとうございます。

 私も初めて、あんさんの異常が分かったときには、本当にどん底、真っ暗でした。二度と笑えないと思っていたし、あんさんが無事に生まれることを望んでもいなかったです。

 でも、今はこうして幸せに暮らしています。私も先輩ママさんの楽しそうな毎日が、心のより所でした。今のあんさんはいろいろと大変な時期ですが( ̄∇ ̄;) でも、あんさんと一緒にいられるだけで、本当に幸せです。

 まるちゃんさんも、気持ちが落ち着くまでは本当に辛いと思います。私も、周りの意見なんて受け入れることができなかったですもん。でも、大丈夫、きっと大丈夫です。まるちゃんさんなら、乗り越えられます。どうか、お身体を大切になさってくださいね。微力ながら応援しています。

 まるちゃんさんと赤ちゃんに、たくさんの幸せの奇跡が訪れますように。
 
 
[ 2016/06/06 10:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。