ゆずあん日記

3姉弟の育児日記です。次女はダンディーウォーカー症候群と難治性てんかん。大変な毎日だけれど、小さな幸せを見つけながら、笑顔で過ごしていけたらと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

退院しました~

 みなさん、今回の手術にあたって、たくさんの温かい声援をありがとうございました。おかげさまで、本日無事に退院しましたあんさんも傷口が痛むこともほとんどないようで、元気に過ごしています。いや~、よかった

 どなたかの参考になるかもしれないので、手術のことを簡単に振り返ってみたいと思います。

 あんさんにヘルニアの症状が見られるようになったのは、約生後1ヶ月。NICUを退院する直前のことでした。お臍の上あたりが、ぽこっと小さくふくらむようになり、オムツをかえるときなどに、それは見られるようになりました。

 気になって先生に聞いたところ、お臍の上なので、「白線ヘルニア」だということでしたが、すぐに処置する必要もないし、自然に治癒することもあるので、様子をみましょうということに。1歳を過ぎても、この状態が変わらないのであれば、手術をする必要があるかもしれませんと言うこともそのときに聞いていました。

 そんなあんさんのヘルニアが、なぜこんなに巨大になり、1歳にならないうちに、手術になったかというと、それはあんさんをいつも苦しめている、筋緊張のせいですいつも、体に力が入っている状態が、ヘルニアをどんどん亢進させていったようでした。

 あまりの筋緊張の高さに、再発する可能性が高いことから、一時は手術の延期の話も出ていたのですが、緊弛緩剤の服用で、少し筋緊張がましになったことから、手術を行えることになりました。再発の可能性が高いのにはかわりないんですが…。

 手術が1月末という寒い時期だったことから、風邪をひかないように、すごく気を遣いました

 前日に入院し、その日の夕方に点滴のルートを確保しました。あんさんは、針がなかなか通らないようで(これも筋緊張のせいなのかな)採血のときなど、看護師さんがとても苦労されていて、手術当日にバタバタしては大変ということで、前日の点滴ルート確保となったのですが…。主治医のM先生が、一度でさっと通してくださったそうですさすが、M先生あんさんがあまり泣かずに済みました。

 その日は、執刀してくださる小児外科の先生、麻酔科の先生、手術室担当の看護師さん、病室担当の看護師さん、そして主治医のM先生と、たくさんの方が病室に来てくださって、手術の説明をしてくれたり、あんさんの様子を聞いてくれたりと、なかなか忙しく過ごしました。

 そんな先生たちとのやりとりで、とうとう手術なんだなぁと、少し不安になっていた私に、手術室担当の看護師さんが、「お母さん、お家であんちゃんのこと、なんて呼んでる?」と聞かれ、家での呼び方を答えると、「じゃあ、そうやって呼ぶね。」と言ってくださったことが、なんだか嬉しくほっとしました

 同じ病室には、あんさんより小さな赤ちゃんもいて、経管栄養のあんさんは、特に夜中など、栄養ボトルなどの洗浄や消毒で迷惑をかけてしまうと心苦しかったのですが、それを知った看護師さんが、注入用の使い捨てのパックを用意してくださいました。まぁ、なんて便利~看護師さんの配慮のおかげで、夜中もうるさくせずにすみました。

 朝9時からの手術だったので、その6時間前から絶食し、2時間前からは水分もNGでした。

 そして9時前に手術室に向かいました。あんさんはかわいいアンパンマンのベットに乗せられていました。当の本人は熟睡していましたが…。

 私、自分自身も手術をしたかことがなかったので、手術室って、ドラマなどに出てくる、ちょっと暗い感じを想像していたのですが、あんさんと一緒に入った手術受付室という場所は、とてもきれいで明るく、担当の麻酔科の先生と看護師さんが「あんちゃん、来たね~。」と明るく迎えてくれました。この麻酔科の先生と看護師さんが、2人ともとても美人な方で…。手術着がまたかっこよくて、「かっこいいなぁ…」と見とれていた、ちょっとのんきな母です

 確認が終わって、手術受付室の奥に広がっている、たくさんの手術室のうちの一つに、あんさんは運ばれていきました。やっぱり爆睡していたままのあんさん。何も知らずに眠ったまま、手術が終わればいいなと思いました。

 手術が終わるまでは、病室で待機。かなりヘルニアが重度なことから、時間がかかりそうだと聞いていましたが、実際には2時間半で終了の連絡が来て、3時間後に手術受付室に向かいました。それでも待っている間は、時間が過ぎるのがとても遅く感じました。落ち着かず、コーヒーを何杯も飲んでしまっていた私…

 広範囲に及ぶ手術なので、あんさんへの負担が大きく、手術後はICUに入るかもと言われていましたが、あんさんは自分でしっかりと呼吸をしており、しかも手術受付室には、あんさんの元気な泣き声が響きまくっていました

 元気に泣くあんさんを見て、一安心。執刀医の先生も、「予定通りに終了しましたよ。」と声をかけてくださって、さらにホッとしました。

 ただ、当のあんさんは、傷口がかなり痛かったようで、手術当日は、頻繁に体がビクッとなり、そのビクッがまた傷口に響くようで、辛そうに泣いていました。

 また、翌日のお昼頃まで、絶食だったので、お腹が空いた~と口をパクパクさせながら泣くあんさんを見るのも、辛かったです

 それでも、少しずつ傷の痛みも和らいでいったようで、注入の許可が下りた翌日のお昼頃からは、お腹も満たされ、ぐっすりと眠れるようになってきました。その日は口腔外科の病室での診察や、脳波検査も入っていたのですが、あんさんの熟睡っぷりに、「あんさん、大物ねー。」と看護師さん達は笑っていました。

 こんな感じで寝ていた…。確かに手術をしたばっかりという感じじゃない(笑)

 どーん

 当初は2泊3日で退院予定でしたが、あんさんの場合大事をとって、3泊4日し、本日午前の退院となりました。

 その間、旦那さんが休みをとって、ゆっさんと一緒に旦那さんの実家に泊まっていたのですが、私やゆっさんのことを考えて、3泊目は旦那さんが付き添ってくれたので、私は2日ぶりに、ゆっさんとお家で過ごすことができました。

 ちなみに私の晩御飯も、お義母さんが作ったものを、旦那さんが病院まで届けてくれていました。コンビニのお弁当ばかりじゃ飽きちゃうので、とってもありがたかったし、おいしかったです

 今回の入院は計画的なものだったし、短期間だったので、旦那さんが休みをとれたのですが、これが長期になったら、予定外のものだったら…。あんさんの病院は、付き添いが必須なので、ゆっさんのこともあるし、仕事に復帰したら、職場にも迷惑がかかるしと、今回のようにはいかないだろうなぁということを考えた入院でもありました。

 そういえば、この入院中、市の保育課の方が、主治医のM先生に面談を申込み、あんさんの状態をいろいろと聞いていかれたそうです。その内容もM先生がお話してくれましたが、私とあんさんも、明日、保育園入園にあたっての面接が予定されているので、そのことも一緒に、別の機会に記事にしたいと思います。

 保育園から帰ったゆっさんは、あんさんがいるので大喜び。寝ているあんさんの横に自分も寝転んで、「あんさん、お臍の手術頑張ったね。もう痛くないからね。」と話しかけていました

 あんさんにべったりのゆっさん

 ただ、晩ごはんの時間に、私があんさんを抱っこして、離乳食を食べさせていると、「私も抱っこして食べさせてほしい。」と泣き出したゆっさん確かに、ゆっさんも母とご飯食べるの久々だもんね。複雑な心境のゆっさんのようです

 来週の月曜日に、小児外科の診察が入っていますが、それまであんさんはお風呂はNGで、毎日1回、消毒とガーゼの交換があります。そのガーゼは清潔に保つようにとのことでしたが、晩ごはんの時に、あんさんが大量にウンチをしていて、そのガーゼも汚れてしまっていて…旦那さんと大慌てで、お尻をシャワーで流し、ガーゼ交換したことでした。しばらく気を付けないと…。

 ちなみに今のお臍はなんて表現したらいいのでしょう。簡単に言うと、へこんでいます。凸が凹になったという表現が一番合っているのかも…。伸びきってしまった皮膚はそのままなので、そのあたりはしわしわになっていますが。(大きくなったら自然にしわもなくなるそう)

 巨大なお臍があんさんのお臍だったので、なんだかちょっと変な感じはしますが、きれいに手術してくださった、小児外科の先生に感謝です。

 そして、応援してくださった皆様方にも、感謝、感謝です。心強いお言葉、不安な気持ちに共感してくださるお言葉、手術の成功を喜んでくださるお言葉、そのどれもがとてもとても嬉しかったです
 
 みなさん、本当にありがとうございました


みなさん、いつも温かい応援ありがとうございます。どちらか一つでも押して頂けると嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
[ 2014/01/23 23:45 ] ヘルニアのこと | TB(0) | CM(9)
お疲れさまでした!
手術が無事終わり、あんちゃんの状態も良いようで、安心しました。
本当にお疲れさまでした(^^)

主治医の先生が点滴のルートをさっと通してくれるなんて頼りになりますね!
看護師さんの心遣いも嬉しいですね。
そして優しいお義母さんv-119

たくさんの人があんちゃんとゆずぽんさんを支えてくれていますねv-22

ゆっちゃんも相変わらず優しいお姉ちゃん☆
でも、お母さんに甘えたい気持ちもあるんですよね。
なんだか微笑ましいです~☆
[ 2014/01/24 09:56 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/01/25 00:08 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/01/25 00:13 ] [ 編集 ]
みっちさん
 コメントありがとうございますe-267

 あんさん、家に帰ってからも、特に変わった様子もなく、穏やかに過ごせています。

 そうなんです、病室には何度も主治医の先生や、外来でお世話になっている看護師さんが、顔を出してくださって、とても心強かったし、嬉しく思いました。もちろん、家族のサポートもe-454

 あんさんが生まれて初めて、たくさんの方に支えられているんだということが、わかったような気がします。

 ゆっさんは、あんさんのことをかわいいと思う反面、赤ちゃん返りが激しくて、困っていますe-263受け止めてあげなきゃいけないんですけど、時々その激しさについていけません(笑)

 
[ 2014/01/25 09:51 ] [ 編集 ]
ハナさん
 コメントありがとうございますe-454

 ハナさんの気持ちの第一歩として、このブログにコメントしてくださったということ、とても嬉しいです。

 まだ産後2ヶ月ぐらいですよね。ハナさんのお身体の調子はいかがですか?

 ハナさんが、書いてくださったコメント、全身全霊で共感しますe-2もう気持ちが分かりすぎて、初対面なのに、何時間でもお話ができそうなくらい…。

 私がハナさんぐらいのときには、まだまだ黒い気持ちが大きくて、毎日泣きながら過ごしていました。周りがうらやましくてうらやましくて仕方がなかったです。

 私なんかが偉そうなことは言えませんが、お子さんはきっとハナさんがママさんで幸せです。そして、ハナさんもお子さんが生まれてきてくれたことで、今まで以上に幸せになれます。今はそう思えないと思います。私も思えていません。でも、あんさんは私たち家族を今まで以上に幸せにするために、生まれてきてくれたんだと信じていますe-53

 ハナさん、今がきっとすごくすごくしんどい時期だと思います。生まれるまではわからなかったんですよね。お子さんの病気が分かって、まだ2ヶ月なんですよね。それなのに、お子さんを幸せにしたい、お子さんがかわいくてかわいくて仕方がないと思えるハナさんを、私は心から尊敬します。なんて強くて、素敵なお母さんなんだろうと。

 私なんて、その時期、そこまであんさんをかわいいと思えなかったですもん(笑)

 私もまだまだたくさんのつらいことを乗り越えなきゃいけないだろうし、それを乗り越えられる強さもありません。これから、少しずつ成長して、強くなる予定です。その強さは、きっとあんさんがいるからこそ、身につけられる強さなんですよね。

 私もまだまだなので、アドバイスなどはできないかもしれませんが、今言えることは、ハナさんの地域で、ハナさんのことをフォローしてくださる、保健師さんや施設の方を探してみられるといいと思います。もういらっしゃるかもしれませんが…。

 私の住む地域では、赤ちゃん訪問の時点で、障がいを持つお子さん専門の保健師さんが訪問してくださって、その方に今でもずっとお世話になっています。親子で通えそうな施設や、訪問リハビリのことなど、教えて下さいました。

 ハナさんが、一人で抱えることなく、いろんな方のサポートを受けながら、楽しく子育てができるようになることを、心から心から願っていますe-267

 気付いたら、ハナさん以上の長文になってしまいました(笑)あと、ゆずぽんで合っています。わざわざフォローすみませんe-455

 これからも、どんどん遊びに来てくださいね。楽しみに待っていますe-446

 
[ 2014/01/25 10:32 ] [ 編集 ]
お久しぶりです(*^^*)
遅くなりましたが、あんちゃん、ゆずぽんさんお疲れ様でした!
無事に終わって良かったですね(*´▽`*)

お姉ちゃんもよく頑張りましたね!
あんちゃんとの写真、とってもうれしそうで、こちらまでほっこりします♡

我が家のお兄ちゃんも退院する度にママっこになってます(^_^;)
病院で会うと全然ママには来ないんですけど、やっぱり我慢してるんでしょうね(>_<)
できるだけ甘えさせてあげようと思うと、若干調子にのってやりたい放題ですけど(笑)

まだまだお話したいことは沢山あるんですが、スマホの調子が悪く消えてしまうので、また来ます(笑)

あんちゃん、手術痕はやく落ち着くといいですね!
[ 2014/01/25 17:39 ] [ 編集 ]
あいりままさん
 温かいコメントありがとうございますe-267

 無事に終わってホッとしています。あいりままさんのところのお兄ちゃんも、ママっ子になるんですね。男の子のママっこ、かわいいだろうなぁe-446

 そうなんですよね。ゆっさんに、寂しい思いをさせていると思うと、ついつい甘くなってしまって、うちのゆっさんもわがまま放題になっています。困ったもんですe-263

 またいつでも遊びにきてくださいね。あいりままさんのお話を聞けるのを楽しみにしていますe-454
[ 2014/01/25 21:16 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/01/25 22:14 ] [ 編集 ]
ハナさん
 わざわざコメントのお返事をしてもらって恐縮です。私もコメントのやりとりを楽しみにしているので、お気になさらずに、気軽にどんどんコメントしてくださいね~e-454

 そうか、まだお子さん病院なんですね。私も搾乳だったので、すぐに母乳が止まってしまいましたよ。ハナさんの書かれていた通り、体重は増加の一方です。あははe-263

 保健師さんや訪問看護師さんのこと、私も全く未知の世界でしたが、周りがどんどん進めてくれたという感じです。訪問の方が多いと、確かに気疲れすることもあるかもしれませんが(特に私は人見知りをするので)、私は掃除をするいい機会になるなぁと思っていますe-446もちろんあんさんのためでもあるし、ハナさんもきっと自然に慣れていくと思います。

 あんさんも確かに、私のことをママとわかっていないと思います。けれどふとした瞬間に、何となくあんさんが私を求めているようなときもあるんですよね。それがわたしとあんさんだけのつながりだと思っています。その瞬間には、とっても幸せな気持ちになりますe-53いつも辛い涙を流している分、とってもとってもその瞬間がありがたいです。

 今は周りがうらやましく見えて当たり前です。私は今でもうらやましいですもん(笑)けれど、先輩ママさんがおっしゃっている、ありのままの我が子が愛しくてたまらないという気持ちにいつかたどりつけるように、ぼちぼち頑張ります。一緒に頑張りましょうね。私も頑張りますe-271

 また遊びに来てくださいね~e-257

 

 

 
[ 2014/01/26 11:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。