ゆずあん日記

3姉弟の育児日記です。次女はダンディーウォーカー症候群と難治性てんかん。大変な毎日だけれど、小さな幸せを見つけながら、笑顔で過ごしていけたらと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゆっさんの気持ち

 またまたお久しぶりの更新です

 あんさんは、ちょっぴり不調。熱が出るわけではなく、食欲もあるのですが、鼻水などの分泌物が増え、ゴロゴロが多めです。念のため、病院に連れて行きましたが、喉も赤くなっていないとのこと。もしかすると、ボトックスの副作用かなぁなんて思いながら、一応抗生剤を服用しています。

 ボトックスを受けて、3日ぐらいしてから、明らかに体が柔らかくなったように感じたのですが、1週間を過ぎた今は、ゴロゴロの不快でまた体が固くなっているので、ボトックスの効果はまだ感じられず…もし、今のあんさんの不調が副作用によるものならば、早く落ち着いて、効果が出てくればいいなぁと思っています。

 さて、今日は久々にゆっさんのこと。

 ゆっさん、あんさんが大好きで、「あんちゃんがかわいくてたまらない」と、あんさんがげんなりするほどの、激しいスキンシップをとっています。親としては、そんなゆっさんの気持ちがとても嬉しい。

 その一方で、最近のゆっさんはすごく不安定なんです。ちょっとしたことで、泣く、怒る。あんさんを抱っこしていると、やきもちをやいていじける。

 このぐらいだったら、よくある赤ちゃん返りなんでしょうが、心配しているのは、過剰なほど人とのかかわりを求めるということなんですよね。

 ゆっさんは、生後2か月ぐらいから人見知りが始まり、それはそれはママっ子でした。私が仕事復帰することになり、保育園に入園したときにも、一番の泣き声を響かせていたと毎日報告がありました。今では大好きな保育園だけれど、泣かずに通えるようになるまでに、相当な時間がかかったと思います。

 そんな人見知りなところは、大きくなってもなかなか治らず、初対面の方だけではなく、大好きなじいじやばあばにも、久しぶりの再会となると、最初は固まってしまうほどでした。

 それが、今では公園などで同じ世代のお友達や、自分より小さな子どもを見かけると、とても積極的に寄っていって、一緒に遊びたがります。ときには、付きまとっているようにも見えてしまうことがあります。とにかく、誰かと一緒に遊びたがる、自分より小さな子どもの世話を焼きたがる。

 それが程よい感じだったら、なにも心配しないのですが、今のゆっさんはそれが行き過ぎているところがあるような気がします

 その背景には、やっぱりあんさんのことがあるんじゃないかなと思っていて…。

 本当なら、もうそろそろ歩き出していて、自分の意志をしぐさや表情、そして言葉で表現するようになっているはずのあんさん。けれど、あんさんにはそういったことは全くできなくて、ゆっさんがどんなに話しかけても、おもちゃを持ってほしくても、反応することはありません。

 保育園に入園したあんさんのクラスは、当たり前のことなんですが、元気な赤ちゃんばかりで、ゆっさんはそんな元気な赤ちゃんのなかで、あんさんをどのように見ているんだろう。

 あんさんとはできないことがたくさんあって、その寂しさを周りの子どもに求めてしまうんじゃないかな。あんさんが元気に生まれてきていたら、今のようなゆっさんの姿は見られなかったんじゃないかな。

 ゆっさんが公園などいろいろな場所で、同年代のお友達や、自分より小さな子とのかかわりを求める姿を見ると、胸が痛みます。

 ゆっさんごめんね。一緒に遊べる相手を作ることができなくて、ごめんね。

 もちろん、あんさんが悪いわけでもなく、あんさんを元気に産んであげられなかったのは、この私。だから、なおさらゆっさんにもあんさんにも、ごめんねと思い続けてしまう。 

 どうしたらゆっさんの気持ちが満たされるかな。

 家でも、あんさんの調子が悪くて、しんどい吸引に耐えているそのそばで、わがままを言うゆっさんに、イライラしてしまうことがたくさんある。それもいけないんだろうな

 何だか、またネガティブな感じになってきましたが…

 近所にゆっさんと同年代の、一緒に遊べるような相手がいると、また違うんでしょうが、そういったお友達もいなくて。

 あんさんをすごくかわいがってくれているように見えるゆっさん。もちろん、あんさんを大好きなのも、ゆっさんの素直な気持ちなんだろうけれど、その背景で、少しずつ積み重なっているかもしれない、ゆっさんの不満な気持ちを早く見つけてあげなきゃと思います。

 これからゆっさんには、あんさんのことで辛い思いをさせてしまうことが出てくると思う。偏見の目で見られることもあると思う。そんな辛い出来事があっても、ゆっさんがあんさんのことを大好きで大切に思ってくれる、強い気持ちの礎を私たちは築けているのかな。自分たちは築いているつもりでも、実はすぐに崩れてしまう弱いものだったりするのかもしれない…。

 とはいえ、どうしていいのか、最良の解決策なんて、見えてこないんですが…。長年保育士をしていて、こういった相談にもたくさんのってきたはずなのに、いざ自分の立場になると、どうしていいのかわからない。情けないです

 すぐに解決することじゃないんだろうけれど、目をそらさずに、向き合っていかなければと思います。

 時間はかかっても、ゆっさんがいつか心からあんさんのことを、誇りと思ってくれますように。愛おしい存在だと思い続けてくれますように。 

 今日は、あんさんが退院したばかりの頃の写真です。あんさん、ちっちゃいな~。

 かわいい2人

 そんなあんさんももうすぐ1歳を迎えます。めそめそしていないで、まずはあんさんが元気に1歳を迎えられるようにしないとですね

 
 さて、今から保育園にあんさんを迎えに行ってきます。ゆっさんのことも、あとから迎えに行くから待っていてね
 
 みなさん、いつも温かい応援やコメントありがとうございます。どちらでも押していただけると、嬉しいです 
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
[ 2014/04/30 13:20 ] ゆっさんのこと | TB(0) | CM(22)
こんにちは。

今回の記事は、うちと全く同じです。
涙で文字が見えなくなりました。

娘もよっしーを可愛がってくれますが、それはそれで過剰ともいえ。近所に同年代の友達もおらず、公園で見つけると「遊びに行きたい」一人ではまだ外出させたくない私はついて行ける時は行きますが、よっしーが体調が安定していない事から、外出が少なくなり娘に我慢させる事が増えました。
週末の外出も家族4人の時の嬉しそうな笑顔、体調不良で私か主人が家でよっしーと留守番とわかると、とたんに寂しそうになります。
寝る時も、私の枕に顔をうずめて寝ている姿に涙せずにはいられません。
でも、怒っちゃうんですが。。。
娘も試練の時期かもしれませんが、幼稚園の先生にも小さな変化を見つけた際には連絡をいただけるようにしています。
こんなに愛しているのに我慢をさせないといけない。
理不尽にも叱ってしまう自分の度量のなさに情けなくなります。
主人がフォローしてくれますが、私ではないといけない時があるようです。
命がけで子育てしているつもりですが、まだまだ足らないのでしょうね。
いつか、よっしーを家族に持てたことを誇りに、パパとママがこんなに愛していることを信じてくれることを祈るばかりです。

ゆっさんもきっとわかっているはず。

[ 2014/04/30 16:34 ] [ 編集 ]
こんにちは
あんさん、体調どうですか?
入院中の病棟も、朝夕の気温差で体調崩して入院してくるお子さんが増えてきています。
不調が副作用で、改善していくものならいいですね(>_<)

今回の記事は、私も考えさせられました。
やはり、ハンデを持つ子がいる兄弟、姉妹のママさん達は愛情の向け方、接し方が本当に難しい時が多々あるかと思います。
ましてや、うちのはるちゃんの様に入院が頻繁になってしまうと、色々考えてしまって二人目にはなかなか踏み切れず…。
ただ、失礼な言い方になってしまったら本当に申し訳ないのですが、ゆずぽんさんの悩み、第一子に障がいのある子を生んだ私からすると本当に羨ましくて…。
産んだ産婦人科には、二人目作って、はるちゃんに兄弟いたらいいと思うよ!なんてさらっと言われましたが…原因は分からなくとも、私のお腹の中で、先天性で生まれて、不安で一杯なのに。そんな簡単に二人目なんて言わないでって思った時もありました。
だから、健常さんが(差別用語になってしまったらすみません)いる兄弟のお家が羨ましいなぁと思う事が多々あります。
悩みは私より遥かに多く、精神的疲労も沢山あると思います。
でもその分、嬉しさや楽しさ、喜びや愛も2倍だし、きっとゆっさんも一生懸命なゆずぽんさんの背中を見て育っているので、将来はゆずぽんさんを助けてくれる優しいお姉さんになるのでは、と勝手ながら思っております。
すみません。何も分からない私が言うのもおこがましいのですが…。

長々と申し訳ありませんが、どうかゆずぽんさんも無理をして体調を崩さないよう、沢山食べてくださいね(^-^)
[ 2014/04/30 17:43 ] [ 編集 ]
こんにちは。
みっちさんの記事にもコメントさせてもらったのでかぶるかもしれませんが…

うちもあんちゃんの調子が悪くなれば途端に私のキャパが狭くなってそのしわ寄せがはっくんにいきます…

私もいつかはっくんがあんちゃんは他の子と違うと気付いたときに、それでもあんちゃんが可愛い、大好きと思ってもらえるように、あんちゃんにかかりきりになってはっくんに淋しい思いをさせないように、ほんとにそこだけはずっとずっと考えながらはっくん優先で関わるようにしていますが、それがほんとにはっくんが満たされていたかなんていつわかるかもわからない難しい問題ですよね。

でも少なくともゆっさんはあんさんが可愛くて可愛くて仕方ないお姉さんになってくれたのはゆずぽんさん夫婦の関わりがよかったからだと思うんです。

いつもさみしくて、偏見の目にさらされて、それがあんさんやあんちゃんのせいだ、そんな妹嫌いだ、と絶対ならないようにフォローしてあげたいですよね。

と言いながら私もすぐに大人だけであんちゃんの発作や緊張の話に没頭してしまって、はっくんに「おはなしおしまい〜!!」と言わせてしまって反省してるところです(^_^;)

兄弟児問題、難しいですがこうやってブログで共有できてすごく嬉しいです。
[ 2014/04/30 19:00 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/04/30 23:59 ] [ 編集 ]
こんばんは。
今回の記事を読んで、びっくりしました。
私も同じようなことを考えて、記事にしたばかりだったので…。

いつも、ゆずぽんさんのブログを読んでは
「あんさーん!可愛い~!」
「ゆっさーん!素敵やわ~!」
と画面に向かって話しかけてしまう私ですが(笑)、今回は「ゆずぽんさ~ん(泣)」という感じでした…。
分かり過ぎて、胸が痛かった。


今までの記事を読んでいる限り、ゆっさんはとっても優しくて、あんさんをすごく可愛がっていて、本当に家族みんなであんさんを愛しているのが伝わってきていました。
そんなゆっさんの中には、あんさんへの愛情や優しさの他に、いろいろな感情とか欲求が積み重なっているのかもしれませんね。
(あんさんのことを抜きにしても、年齢的に、たくさんの葛藤があるんだと思います)

今回のゆっさんの話を読んで思ったのは、100%完璧な親なんていないように、100%の子どももいないということです。
自分のきょうだいが、他の子と違うことに気づいたり、きょうだいと心を通わせにくいと感じたりしたとき、何かしら心の揺れや歪みのようなものが生まれて当然なのかもしれません。
その歪みがどうやって表面に表れるかはもちろん、子どもによって違いますが、そういう心の動きは多分自然なことなんですよね。


どんなに話しかけても反応がない、というのはうちのふたばも同じです。
勝手な話ですが、あやすと笑う、それだけでも、できれば良いのにと思います。

でもゆっさんは例え反応が薄くてもあんさんをすごく可愛がっているし、これまでも、あんさんの心の声を読み取ってゆずぽんさんに伝えるようなこともしていましたよね。それってやっぱり、ゆずぽんさんがあんさんに対して、大切に優しく接しておられるからなんだろうと思います。
そこはどうか自信を持ってくださいね。
私も見習いたいと常々思っています。


きょうだいの問題は、きっと答えがなくて、ずっと考え続けないといけないことなんでしょうね。
ゆっさんの心の奥にある(かもしれない)不満を理解したい、満たしてあげたい、と思う気持ちを持ち続けることが、すごく大事なんじゃないかな。


気長に向き合っていかないといけない問題なだけに、ゆずぽんさんと気持ちを共有できてとても心強いです。


あんさんの体調が落ち着きますように。

[ 2014/05/01 00:18 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/05/01 10:05 ] [ 編集 ]
初コメします。はじめまして。うちにも4歳になる娘と呼吸器っ子の1歳3カ月になる息子がいます。 
ゆづぽんさんのお悩み本当によくわかります。

うちの娘は息子が半年前にかえってきてからというもの、すごく不安定になっていて、保育園にいきたがりません。わがままもすごくて、私の言うことは全く聞かなくなってしまいました。息子のこともあまり自分からお世話する様子はないです。

ゆっさんのように娘も積極的に息子に関わってもらえたらなあと思っていましたが、ゆづぽんさんもゆっさんに対して気持ちが満たされてないと感じることもあるんですね。

どうしたらいいか難しい問題ですが、ゆづぽんさんがとてもとてもゆっさんとあんさんをかけがえない存在と思っている様子がとってもブログから伝わってきます。だからきっと大丈夫 家族の絆は強くて深いと思いますよ。

うちも見習わないと・・・。
[ 2014/05/01 13:30 ] [ 編集 ]
再びのコメです。
以前、職場復帰の事でコメントさせてもらった『ちぃ』です(笑)そのあとも、ストーカーのようにブログを拝見させていただきながら、勝手に元気づけられてます。
うちにも、脳に障害を負った6か月の息子の上に、4歳と9歳の姉がいます。ホントなら今頃あんなことやこんなことをして遊べただろうに、ごめんね…と思う気持ち、とてもよくわかります。お姉ちゃんが優しければ優しいほど、たまにその姿に胸が痛くなったり…。
この先、大きくなればなるほど、他の子と違うところが目立ってくる…悲しいけれどきっとそうなる。そう思って、うちの場合は、今の息子の状態と、この先なるだろう姿を、全て上の姉たちにも話しました。『産まれてくるときに血が出すぎて、頭が少し(ホントはどっさりですが)壊れちゃった。みんなが普通に出きることも、練習しないとできるようにならないし、練習したけど出来ないこともきっとある』と。歩くことも、食べることも、遊ぶことだって教えてもらいながら練習していくんだと。
全て話したら、娘たちはいともあっさりと、じゃあどうしたらいいのかを自分なりに答えてくれました。そして何より、ずっと赤ちゃん返り?でオムツに戻っていた下の姉は、そのあとすぐにオムツが外れたんです。
ゆっさんには、あんちゃんのことやこれからの事を話した事はありますか?小さくても、小さいなりにいろんなこと考えているんだなと、私の場合は思ったので、話していなければ話すことをおすすめします。話していたら、このコメントはスルーしてください( ̄∇ ̄*)ゞ
偉そうなコメント、失礼しました。
私もブログは書いてますが、ブログ村には登録していないので、いつもコソコソしてすみません
[ 2014/05/01 14:54 ] [ 編集 ]
よっしーママさん
 コメントありがとうございますe-267

 よっしーママさんも同じような悩みを抱えられているんですね。共感してくださる方がいると、救われる思いがします。

 妹や弟ができると、誰もが我慢をしたり、やきもちを焼いたりするんでしょうが、あんさんのように、大きな障がいを持っていると、どうしても私たち両親も過敏になってしまうので、必要以上に、上の子に我慢をさせているのではと思います。

 命がけで子育てしているといえるよっしーママさんは素晴らしいと思います。きっと、お姉ちゃんにもそんなママさんの気持ちは十分に伝わっているんじゃないかな。

 私はまだまだそこまで頑張れておらず、自分を甘やかしていることも多いです。よっしーママさんのように、もっと全力でゆっさんにぶつからないとダメなんだろうなと感じました。

 よっしーのお姉ちゃんも、ゆっさんも、いつかはよっしーやあんさんが弟や妹でよかったと思ってくれますように。私もそのことを心から願っています。すぐに解決する問題じゃないんでしょうが、一緒に頑張っていきましょうねe-53
[ 2014/05/01 22:11 ] [ 編集 ]
はるまりもさん
 コメントありがとうございますe-53

 温かいお言葉ありがとうございます。失礼なんて、とんでもない。私も実は、あんさんが一人っ子だったら、こんなに辛い思いはしなかったのかななんて、すごく勝手なことを考えちゃうんです。隣の芝は…というやつでしょうか。いろんなご家庭の形があって、悩みもそれぞれですよね。

 2人目に踏み切れない気持ち、よくわかります。私も、あんさんのことがあって、それまで考えたこともなかった3人目のことが、頭をよぎるようになりました。躊躇する一番の理由は、経済的なことなんですが、やはり次の子どもも、重い障がいを抱えてしまったらどうしようという思いがあります。

 あんさんも先天性のもので、原因は今のところわかっていません。同じことが繰り返されないとは絶対に言えないとも、主治医の先生に言われているので、やっぱり考えてしまいますよね。

 はるまりもさんのお言葉通り、ゆっさんが優しいおねえさんになってくれるように、私ももっとゆっさんと向き合っていかなければと思っています。まだまだ、そこまで頑張れていないんですよねe-263

 はるまりもさんも、ゆっくりと今後のことを考えられて、はるまりもさんにとっても、はるちゃんにとっても、よい答えが見つかりますように…。そしてはるちゃんが早くお家に帰られますようにe-267

 はるまりもさんも、体調を崩されていないですか?悩みは多い私ですが、ちっとも痩せません。実はかなり図太いようです(笑)はるまりもさんも、しっかりと食べて、付き添い頑張ってくださいね。
[ 2014/05/01 22:24 ] [ 編集 ]
はくじゅさん
 コメントありがとうございます。

 そうなんです、私もゆっさんにとにかく寂しい思いをさせたくなくて、主人と協力しながら、できる限りのことをやってきたつもりなんですが、やはりゆっさんのなかで、どこか満たされない思いがわきあがってきているようで…。それはゆっさんが、あんさんのことはかわいいんだけれど、やっぱり物足りないというか、一緒に遊べない寂しさや不満を感じ始めているんじゃないかと思うんです。

 そればかりは、親のフォローだけでは、足りないこともあるんでしょうね。本当に兄弟問題って、難しいですe-263あんさん自身と向き合うよりも、ゆっさんのことを考えるほうが、よっぽど難しんじゃないかと思ってしまいます。

 はくじゅさんの書かれている通り、妹のせいで、辛い思いをたくさんしてきたということがないように、精いっぱいフォローしていかなきゃと思っています。

 こちらこそ、気持ちをわかってくださってとても嬉しいです。いつもありがとうございますe-454

 
[ 2014/05/01 22:31 ] [ 編集 ]
いもあんさん
 いつも温かいお言葉をありがとうございますe-53

 ゆっさん自身、あんさんのことはかわいいんだけれど、保育園であんさんと同じ年の赤ちゃんが、元気いっぱいに動いたり、愛らしい反応を見せたりすることに、複雑な思いを感じているんだと思います。自分のお友達とその妹が楽しそうにふれあっている姿を見れば、あんさんとはそんなことできないのにとか、私もあんなふうにしてみたいなという思いが出てきているのかもしれませんね。

 そればかりはどうすることもできないので、親からするととても切ないです。それでも、いもあんさんが書かれているように、ゆっさんなりに理解をしようとしているのなら、それが少しでもプラスの理解となるように、できる限りのことをしていかなければいけませんよね。

 ついつい口癖のように、「ごめんね」と繰り返してしまう私ですが、いもあんさんのような考え方ができれば、「ごめんね」という言葉が出なくなるのかな。そうですよね、あんさんにとっても、「ごめんね」という言葉は失礼なことだなぁと思います。

 悩みはまだまだつきませんが、共感してくださって、とても心強いです。自分なりに精いっぱい頑張っていきたいと思います。ありがとうございましたe-454
[ 2014/05/01 22:39 ] [ 編集 ]
こんばんは☆

あんさん、体調どんなですか??
ゼロゼロもしんどいですね(>_<)
早く落ち着いて、ボトックスの効果があらわれるといいですね!

そっか。。
ゆっさん、そんな様子があるんですね。
私は子どもも一人っ子で、障害のある兄弟がいる訳じゃないのでわからない部分もありますが、ゆっさんはあんさんが妹で幸せなんだと思います!
今までのゆずぽんさんのブログを読むとそう思います。
もしかしたら、あんさんの反応が小さいかもしれないし、一緒に遊ぶっていうのは少し難しくても、あんさんの言ってることがわかって、可愛がってるのは大好きだからですもんね♪
障害を持つ子の兄弟姉妹へのフォローとかも必要ではアルト思います。
今は上手く伝えたい事も難しい年齢だとは思います。大きくなるにつれて、内に秘めてしまう事が多くなってくると思うので、そこで何でも言える環境作りって大事なのかな~と思ったり。。。
もう、何が言いたいのかわからなくなってしまいました(*_*;すいません。。

ただ、ゆっさんのそういう変化をしっかり見つけて色々考えて悩んでるゆずぽんさんなら、上手く乗り越えていけそうな気がします☆☆
お役に立てる事はありませんが、応援してます!
[ 2014/05/01 23:02 ] [ 編集 ]
みっちさん
 コメントありがとうございますe-53

 私も自分のブログを書いた後、みっちさんの記事を見つけて、びっくりしました。あまりにも、タイムリーで。

 私もまさしく、「みっちさん、わかる。わかりすぎる(涙)」と一人涙していましたもん。

 本当に本当に切ないです。あんさん自身のことを前向きに考えられるようになっていても、ゆっさんのことを考えると、マイナスのことしか考えられません。今現在も辛くなることのほうが多いし、今後も辛いことや悩み事のほうが多いんじゃないかと思ってしまう。ゆっさんがあんさんのことで、からかわれたりするんじゃないか、そういったことが積み重なっていくと、そのうちあんさんの存在を恥ずかしいと思うようになるんじゃないかとか、悪いことばかり考えてしまいます。このことに関しては、後ろを向いてばかりですe-441

 みっちさんが書いてくださったように、やっぱりゆっさんのなかに、かわいいという以外の感情がわきあがってきているんだと思います。保育園で、ゆっさんの友達の妹が、あんさんと同じクラスにいるのですが、その子たちのかかわりを見たり、あんさんと同じクラスの愛らしく笑ったり、反応したりする赤ちゃんを見たり。

 どうしても反応のないあんさんと比べてしまっているんじゃないかと思います。本当にそう、私もせめて笑ってくれたらと思います。笑ってくれたら、ゆっさんの気持ちも随分違うのにと…。勝手ですよね。

 ゆっさんが偏見にも負けず、あんさんを誇りに思ってくれるようになるためには、とにかくゆっさんに愛情を注げばいいと思っていましたが、それだけではだめなんだろうと思い始めた今日この頃です。

 本当に、難しいですよね。

 私がみっちさんに気持ちを受け止めてもらっているように、ゆっさんも同じような境遇のお友達と知り合うことも、必要なのかなと思いました。コメントをくださった方に、そういったプログラムを開かれている病院があるとお聞きしたこともあって…。

 解決方法も答えもなかなか見つからないでしょうが、私がちゃんと向き合わないと、ゆっさんのあんさんへの愛情も崩れてしまうと思うんです。変ないい方ですが、まずは私がその問題から逃げずに、向き合っていくことを目標にしたいと思います。

 辛くなったときには、みっちさんとみっちさんの言葉を思い出すようにしますe-271
[ 2014/05/01 23:07 ] [ 編集 ]
ソラタクさん
 コメント&温かいお言葉ありがとうございますe-454

 ママさんの心配、よくわかります。私もゆっさんがあんさんのことをからかわれるんじゃないかとか、結婚を反対されるんじゃないかということも、考えました。そんなことの積み重ねで、ゆっさんがあんさんのことを嫌いになってしまうんじゃないかということを、一番心配しています。今から心配しても仕方がないのは、わかっているのですが…e-263

 ママさんの考え、とっても素敵だと思います。そういうふうに、考えることができれば、私もあんさんやゆっさんに謝りつづけるという、すでに口癖のようになってるこの習慣をなくすことができるのかなぁ…。王子は幸せですね。ママさんにそんなふうに思ってもらえて、本当に幸せだと思います。だから、あんなにかわいいにこにこ顔を見せてくれるのかなe-446

 いつかあんさんとの生活が心から楽しいと宣言できるようになりたいです。

 また次回、いろんなお話を聞くことを楽しみにしていますね~。
[ 2014/05/01 23:17 ] [ 編集 ]
そうきち母さん
 コメントありがとうございますe-53

 ママさんが書かれているお姉ちゃんの姿、まさしくゆっさんそのものです。ゆっさんも、私たちの言うことを最近ではなかなかきかないし、わがままもすごいです。きっとお姉ちゃんとゆっさんは、同じ感情を抱えているんだろうな。

 私たちもゆっさんが寂しくないように、ゆっさんとの時間を大切にしてきたつもりだし、ゆっさんもあんさんをかわいがってくれています。けれどやっぱりそれだけではいけないんだろうし、私たちがゆっさんとの時間を大切にしてきたつもりでも、それがゆっさんに伝わっていないと、意味がないですよね。

 本当に難しいですe-444

 けれど、そうきち母さんのお言葉に、気持ちが救われました。そうですよね、あんさんがいることで、家族の絆が深くて、強いものになる。それまで、辛いことが多いかもしれませんが、最終的にそういった家族の絆ができるのであれば、辛くても頑張ろうと思えます。

 そうきち母さんも、お姉ちゃんとかかわりながらの息子くんのケア、大変だと思いますが、体調に気を付けてくださいね。よろしければ、また遊びに来てくださいe-454
[ 2014/05/01 23:28 ] [ 編集 ]
ちぃさん
 コメントありがとうございます。とても嬉しいです。ストーカーのようにって(笑)

 弟くんのことをお話することで、すぐにオムツがとれたってすごいですね。きっと、お姉ちゃんとしての自覚を強くしたんでしょうね。しかも、ゆっさんと同じ歳。友達になってほしいですe-446

 私もゆっさんに話をしたことがあるのですが、「でも大きくなれば、きっと歩けるようになるよ。」という返事が返ってきて、いまいち状態がわかっていないんでしょうね。でも考えてみると、ちぃさんのように、詳しくは話していないんです。ゆっさんなりに、あんさんの体にどういったことが起きていて、そんな状態のなか、あんさんは頑張っているんだということを、少しでも理解することができれば、ゆっさんのなかで、何かが変わるかな。機会を見て、話をしてみようと思います。ありがとうございます。

 ちぃさんも、ブログをされているんですか。それは、ぜひお邪魔させてもらいたいです。機会があったら、ぜひブログ名を教えてくださいねe-267
[ 2014/05/01 23:37 ] [ 編集 ]
ちゃぱるさん

 いつも温かいお言葉ありがとうございます e-446

 ゆっさんにあんさんが妹でよかったと思ってもらえるようにすることが、私の今後の1番の目標になると思います。なので、ちゃぱるさんにそう言ってもらえると、すごく嬉しくて勇気づけられます。

 ちゃぱるさんの書かれている通り、何でも言える関係って大切ですよね。今後、ゆっさんはあんさんのことで、どうしても嫌な思いをすることもあると思うんです。それを、内に秘めて我慢をしてしまうと、その嫌な出来事を消化することができず、悪い出来事のまま残ってしまいますよね。そんなときに、家族でフォローしあえて、やっぱりあんさんがいる、この家族でよかったとゆっさんに思ってもらえるように、頑張っていきたいと思います

 あんさんはあいかわらず、ゴロゴロが続いています。食欲はあるんですが、そのゴロゴロのせいで、うまく食べられず…e-263リハの先生に、体は柔らかくなっているよと言われているので、一長一短なのかな。副作用だとすると、なんとか早く落ち着いてほしいと思っています。あんさんの心配もしてくれて、ありがとうございますe-454
[ 2014/05/02 09:28 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/05/02 10:53 ] [ 編集 ]
こんにちわぁ~♪

ゆっさんの悩み姉妹ならではですよね~(。>д<)
きいたんの事は私もだいぶ強くなったのですが、兄にぃ達の事考えると、やっぱり弱くなっちゃいます。障害の子が弟にいるとか、言われたらどうしよー。って考えちゃう(T^T)

ふと従兄弟達と遊んだりした後やお友達の赤ちゃんなんかと遊んだりした後は、『ママ~めっちゃ楽しかったなぁー!めっちゃ、ワサワサ動いてたなぁー』って、言います。

(^ー^;Aそっかぁー。動いてる方が不思議なんだぁー。って思っちゃって。複雑な心境になっちゃいます。

これから先もきっと、沢山の心配事が出てくると思います。けど、ゆずぽんさんも、ゆっさんも凄くあんさんの事、大好きでいてくれてるから大丈夫ですよー(*´ω`*)♪お互いその時がくる度に、何度も乗り越えて行きましょうね~♪
[ 2014/05/03 07:09 ] [ 編集 ]
あかみらさん
 コメントありがとうございます。

 私もあかみらさんと、語りつくしたいですe-454

 長女ちゃんとってもとってもいい子ですね。長女ちゃんなりに、いろんなことを考えていたんでしょうね。そして、その気持ちをママに受け止めてもらえて、随分と気持ちが満たされたんじゃないかと思います。

 ゆっさんも、私たちに対してわがままは言うけれど、あんさんに対して、不満を言ったことはないんですよね。ゆっさんなりに我慢したり、気を遣ったりしていることがあるんじゃないかと、あかみらさんのコメントを読みながら感じました。

 本当に難しい問題だし、解決方法も見つかっておらず、先のことを考えると、落ち込むことのほうが多いです。けれど、こうやって、気持ちを共感してくださり、この難しい問題をわかちあってくれる方がいるというのは、すごく心強いし、勇気付けられます。

 2人の絆が深まっているんじゃと言ってもらえて、何だか胸が熱くなりました。

 あんさん、体調は絶不調なんですがe-263誕生日までには何とか回復してほしいです。温かいお言葉、ありがとうございましたe-53
[ 2014/05/03 23:58 ] [ 編集 ]
末っ子きいたんさん
 コメントありがとうございます。

 ママさんの明るさに、元気付けられますe-454

 そうなんです、私もあんさんのことは随分と前向きになったんですが、ゆっさんのことを考えると、悪いことばかり浮かんでしまうんですよね。ゆっさんが将来、友達にからかわれたらどうしようとか、ゆっさんの結婚相手のご家族に反対されてしまったらどうしようとか、今から考えても仕方のないことを考えて落ち込んでしまいます。だめですよね~e-263

 これからきっと、たくさんの悩みが出てくると思いますが、本当、ゆっさんにはあんさんのこと、ずーっと好きでいてほしいと思います。そのためにも、後ろ向きにならず、頑張らないとだめですよね。

 ママさんに明るく励ましてもらえると、何だか大丈夫なような気がしてきました(笑)頑張って一つ一つ乗り越えていきたいですe-271
[ 2014/05/04 00:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。